「ほっ」と。キャンペーン
フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
バイオグラフィー訳案19
今日は、メビウスが関わった映画『トロン』のフリーゲームを
紹介しますよ! 


「LE CANYON DE BLUEBERRY」というメビウスのファンサイトの
バイオグラフィーの訳案です。


《本文》
1980 Collaboration au film Tron de Walt Disney
et Steven Lisberger (Story board).
1980年 スティーブン・リズバーガー監督とともに、
ウォルト・ディズニーの映画『トロン』制作に参加する
(ストーリーボードを担当)。


《公式バイオグラフィーサイトの記述》
● LES HUMANOIDES ASSOCIES社サイト内メビウスのバイオグラフィー
1980
Moebius et Jodorowsky imaginent ensemble L'Incal noir,
premier volume des Aventures de John Difool.
Dans le meme temps,
Moebius dessine les decors d'Alien, de Ridley Scott,
puis les story-boards des Maitres du Temps, de Rene Laloux,
et de Tron, pour Walt Disney.


1980年
この年、メビウスはホドロフスキーとともに、
ジョン・ディフールの冒険物語の第1巻となる
『闇のアンカル』の構想を練った。
それと同時に、
リドリー・スコットの映画『エイリアン』で美術設定を、
つづいて、ルネ・ラルーの映画『時の支配者』と
ウォルト・ディズニーの映画『トロン』でストーリーボードを
担当した。


● DARGAUD社サイト内メビウスのバイオグラフィー>該当記述なし

● 「INSIDE MOEBIUS」内「Biographie」
Il travaillera ainsi sur le story-board de
l'adaptation cinematographique du Dune de Frank Herbert,
pour les costumes d'Alien de Ridley Scott (1977),
pour les story-boards des Maitres du Temps (1978)
et de Tron, pour Walt Disney, en 1980.


フランク・ハーバートの小説『デューン』の映画化に向けて、
ストーリー・ボード作成の仕事に従事する。
また、リドリー・スコットの映画『エイリアン』で
衣裳デザインを(1977年)、
映画『時の支配者』(1978年)と
ウォルト・ディズニーの映画『トロン』(1980年)で
ストーリー・ボードを担当する。



《公式ビブリオブラフィーサイトの記述》
メビウスのビブリオグラフィーについては、
該当する作品がないので割愛。
映画『トロン』全般に関しては、以下のサイトが詳しいです。
● 「SF MOVIE Data Bank」内「トロン」
  SF映画についての日本語によるデータベースとしては
  おそらく最大のサイトのなかの、『トロン』のページです。
  メビウスは「Costume Design(衣裳デザイン)」として
  クレジットされています。
● 「goo映画」内「トロン(1982)」
  メビウスは「スクリプター」としてクレジットされています。
● アマゾン日内『トロン』のページ
  DVDが販売されていますが、在庫残りわずか。
● 「TOM'S DINER」内「TOMさんの映画にひとこと'04」
  上から2番目、66番が『トロン』の評です。
● 「RED BATTALION」内『トロン』のページ
上記2サイトが、僕の見つけたなかでは、
もっともくわしく『トロン』について語ってくれている個人のサイトでした。
● 「みんなのシネマレビュー」内『トロン』のページ
上記3サイトの感想を全体的に見てみると、
パソコンがほとんど普及していなかった時代にサイバーパンクを
作ってしまった先駆性や、
デザインと音楽のすばらしさは皆の認めるところではあるものの、
ストーリーはせいぜい並み程度、
という感じでしょうか。
● 「ugo.com」内「Steve Lisberger, Exclusive TRON(Disney) Interview」
上記のページは監督のスティーブン・リズバーガーのインタビュー記事です。
メビウスに関連しているところだけ訳出しておきます。
UGO: What did Moebius contribute exactly?

STEVEN: He was originally brought in to storyboard
and do costume design.
But when we brought in Syd Mead,
he had some great ideas about the circuit suits.
Then, Moebius ended up doing some of the vehicle design.
Syd and Moebius were kind of a yin and yang combination,
and they complemented each other.
Since Moebius did comic books for so many years,
he was a phenomenal storyboard artist.


インタビュアー:メビウスはどのような仕事をしたのですか?
くわしく教えて下さい。

スティーブン:もともとはストーリーボードと
コスチューム・デザインをしてもらっていました。
でも、シド・ミードをあらたに迎えてみると、
サーキット・スーツについてとても素晴らしいアイデアを
出してくれたんです。
それで、メビウスは乗り物に関しては
デザインから手を引くことになりました。
シドとメビウスは、二人でうまく引き立てあって
仕事をこなしてくれましたよ。
お互いに認め合った仲だったんです。
メビウスといったら、
なにせ何年もコミックの分野で活躍して来ている人ですから、
彼の描いたストーリーボードは本当にすばらしいものでしたね。


『トロン』の公式サイトというものは用意されていないようですが、
次のサイトがすばらしく詳しいです。
● 「The Tron Page」
  映画にかぎらず、関連商品まで網羅しているすばらしく詳しい
  『トロン』のファン・サイト。
  残念ながらメビウス関連の情報は見当たらないようです。
● 「TRON / This page is dedicated to one of the most visionay...」
  作者は明記されていないものの、
  ストーリーボードの画像が紹介されています。
● 「The. Movie Sounds Page」内『トロン』のページ
  なんと映画の音声を公開しているというサイトのなかの、
  『トロン』のページ。
  残念ながら、僕が試したかぎりでは
  すでに聴けなくなっているようなんですが。

映画『トロン』がコンピュータをフィーチャーしているということで、
なんと『トロン』のコンピュータ・ゲームが発売されているようです。
しかも、コンシューマ、アーケードと、いくつかの種類があるようです。
● 「The GLtron Homepage」
  映画に出てくるライトサイクルというバイクのレースゲームの
  公式サイトのようです。
  1998年に開発が開始したそうなので、
  映画公開当時に発売されたゲームというわけではなさそうです。
  見逃せないのは何と言っても「Download」のコーナーでしょう。
  ver0.70の「GLtron」をフリーでダウンロードして遊べてしまえます。
  「Download」のページに移ったら、
  「Stable Version, 0.70」とあるところの表のなかから
  自分の環境にあったヴァージョンを選択して
  その表のなかの該当する「Download」の文字をクリックして下さい。
  ウインドウズの場合は、「Win32 0.70 binary installer」とある右横の
  「Download」をクリックすれば、
  95以降の全ヴァージョンに対応するはずです。
  ミラーサイト一覧のページに移るので、
  そのなかから適当にひとつを選んで、
  リストの一番右端の「Download」の欄なかの、
  ファイルに0と1が羅列されている形のアイコンをクリックして下さい。
  ウインドウズの場合は、ダウンロードしたファイルがexeファイルなので、
  それをクリックして、あとはインストーラーの指示に従って
  「YES」をクリックして行けばオーケーです。
  普通は、「スタート>プログラム」のメニューのなかに
  あらたに「GLtron」というファイルが出来るはずなので、
  そのなかの「GLtron」というアイコンをクリックすれば、
  ゲームスタートです。
  古典的な線引きゲームのようです。
  ゲーム画面左下の四角い擬似ウインドウがフィールド・マップで、
  他の3人のプレイヤーのバイクが引いた線と交差しないように
  自分のバイクを走らせて行けば勝ち、というタイプのものなのでしょう。
  ところが、自分のバイクをどうやってコントロールすれば良いのかが、
  まったく分かりません。矢印キーは効かないし、
  適当にキーを押してみても反応しないし、
  これってどうやってコントロールすれば良いんでしょうか?
  まいったなぁ……。追々調べてみたいと思います。
  ビジュアルと音楽はなかなかかっちょよいのではないかと思います。
  話のタネにちょっと試してみるくらいの価値はありそうです。
● 「TRON 2.O」
  2003年にあらたに発売された『トロン』のゲームの公式サイトです。
  音声アリなので注意してください。
  ページ上段タイトルロゴの下にあるメニューのなかの
  「GALLERY」をクリックすることで、画像紹介ページに移ります。
  なかなかかっちょよいヴィジュアルです。
  このまま映画そのものをリメイクしちゃえば良いのに。
  ページの最上段には「TRAILER(動画トレイラー)」というメニューも
  ありますが、笑っちゃうくらい重いので僕はまだ見ていません。
● 「4Gamer.net」内『Tron 2.0』特集ページ
  日本で書かれた『Tron 2.0』関連の情報が大量に集められています。
● 「4Gamer.net」内「REVIEW/forGamer.net>Tron 2.0」
  『Tron 2.0』について日本語で詳しく解説されています。
● 「Inside Mac Games」内「TRON 2.0」のページ
● 同サイト内「TRON 2.0 Screenshot Gallery」
● 「Netjak OLD SCHOOL」内「Tron 2.0」
● 「Digital Silence」内「Tron 2.0 Game review」
上記三つのサイトは「TRON 2.0」のレビューのページです。
全体的に評価は結構高いようす。
● 「M.B.B.J.」内「がらくたは宝物>トロン」
  映画の公開からずいぶん後になってから入手したという
  TOMYの『トロン』のゲームを紹介してくれています。
● 「TRON / The Game...」
  アーケード版の『トロン』のゲームについてのページのようです。


《画像の紹介》
映画『トロン』関連のメビウスの画像については、
以下のサイトが参考になります。 
● 「MAJOR GRUBERT」内「Films>Tron」
  メビウスの描いた『トロン』のデザイン画を
  なんと56枚も見ることが出来てしまいます。
  「Tron01~56」が該当する画像です。
  ページ最下段、「Afficher toutes les images (2189Ko)」
  (画像を全部表示する:2189Kb)
  とあるところをクリックすると、一度に全部見ることが出来ます。
● 「Obsesion MOEBIUS」内「PELICULAS>TRON」>「Imagenes del Storyboard」
  メビウスの描いたストーリーボードの画像を見ることが出来ます。


あー、疲れた。それにしても、『トロン』のライトサイクルって、
まんま『アキラ』の金田バイクですね。
あれって、何か先例があるんでしょうか。
メビウスには全く関係がないので、
これ以上深入りするのは避けたいんですが。


メビウスと宮崎駿の対談動画を見つけてしまったので、
これはやはりバイオグラフィーの下訳をまた一旦中止して、
対談動画の文字おこしと和訳をせねばなりますまい。
ということで、バイオグラフィーの下訳はまた一旦中止です。
次回からは対談動画の文字起こしと和訳をしたいと思っています。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2004-12-22 23:00 | よもやまメビウス
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 「宮崎駿―メビウス」展:日本語... 「宮崎駿―メビウス」展関連情報その2 >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた