「ほっ」と。キャンペーン
フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
メビウス&宮崎駿対談動画:文字おこしと全和訳2
[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 ]
パリで開かれている「宮崎駿―メビウス」展に際して行われた
メビウスと宮崎駿の対談動画の文字おこしと全和訳です。
動画の詳細は以下の記事を参照してください。
メビウス&宮崎駿の対談動画6種


この記事には抜粋動画その4~5が収められています。
抜粋動画その1~3については以下の記事を参照して下さい。
メビウス&宮崎駿対談動画:文字おこしと全和訳1

青色の部分はDVD収録版でカットされている箇所です。
『ハウルの動く城』DVDレポート(メビウス関連のみ)


[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 ]
◆ 抜粋動画その4

Je voudrais poser, si je peux,
une petite question.
Enfin, faire une petite observation
sur quelque chose
qui m'a frappe des le debut.

C'est le fait
que M.Miyazaki se soit...
se soit inspire dans pratiquement
tous ses films fantastiques,
de l'Europe
et de mythologie
ou d'espaces europeens,
que ce soit l'Italie
a travers Porco Rosso.
ou une espece d'Alllemagne idealisee
a travers Kiki la petite sorciere
et Le Chateau,
et meme dans Nausicaa
ou ce pourrait etre la Finlande...

C'est une perception de l'Europe
qu'on sent tres lointaine,
idealisee et sympathique,
amoureuse,
un peu comme nous
quand on regarde le Japon.
Par contre,
j'ai trouve que des films comme
Totoro, Princesse Mononoke
et Le Voyage de Chihiro,
d'un seul coup representent...
une rentree chez soi
qui est tres emouvante aussi.
Et j'aime les deux.
J'adore ca.
Je trouve que ca remet
la planete a l'endroit.

メビウス:
もし良ければ、ちょっと聞きたいことがあるんです。
僕があなたの作品を昔から見続けてきて、
一体何にこんなに感動するんだろう、って考えてみたんですよ。
それはつまり、

宮崎さんの作品が、そう、あなたのファンタジー映画のほとんどすべてが、
ヨーロッパの文化や神話、
あとはヨーロッパの風土なんか
に、
インスピレーションを受けているということ。
たとえば、
『紅の豚』がイタリアにインスピレーションを受けているとか、
『魔女の宅急便』や『ハウルの動く城』で、
理想化された形ではあるけれども、ドイツの姿が描かれていること、
そして、『風の谷のナウシカ』が、
あれはたぶんフィンランドあたりを意識しているんじゃないかと思うんですが、

そういったヨーロッパのイメージというか、
遠く夢みるような、
理想化されていて、美化されている、
好ましいイメージが描かれていますよね。
それはたぶん、僕たちが日本の姿をイメージするときと
結構似ているんじゃないかと思います。
ところでそれとは反対に、
『となりのトトロ』や『もののけ姫』、
『千と千尋の神隠し』などになると、
こんどは一挙に、原点回帰をするようになるでしょう?
それもまた僕は大好きなんですよ。
どちらも大好きだ。
すばらしい事だと思います。
僕は、そういういったことが、
この世界を、より良い方向へ向かわせるんじゃないかと思うのです。

宮崎:
もちろん自分のなかに、
マイナスの部分や冷たい絶望的なものはたくさん持っていますが、
絶望的なことや悲観的なことはいっぱい持っていますが、
子供達が観るであろう映画に、
それを盛り込もうとはあまり思っていません。
むしろ、どういう風にすれば明るい映画がつくれるのか、
自分が明るい気持になれるのか、
それを一生懸命考えます。

C'est bien!

メビウス:
すばらしい!


[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 ]
◆ 抜粋動画その5

宮崎:
メビウスさんの話をしたいんですけどね。

Posez-moi des questions.

メビウス:
どうぞ、何でも訊いてください。

宮崎:
彼はどこであの絵を修行したんでしょう?
メビウスさんの絵は
どういう勉強をして身に付けていったものなんですか?

J'ai eu l'outrecuidance,
vers l'age de 12-13 ans,
de penser que j'etais
le meilleur dessinateur du monde!
Et apres, j'ai passe ma vie
a essayer de rattraper la croyance.
Par moments, j'ai l'impression
de savoir tres bien dessiner,
et parfois, j'ai l'impression
d'etre un dessinateur tres naif...
et peu savant.

メビウス:
12,3歳のころは、
自分は世界で一番すごい漫画家だ!
なんて自惚れていたもんですよ。
でも後になってから、今度は、
自信を取り戻すのにずいぶんと苦労をするようになりました。
ときには、
自分は漫画についてなんでも知っているぞ、
なんて思うときもそれはありますよ。
でもね、
自分は漫画家としてなんて世間知らずなんだろう、
って思うこともあるんです。
あまりにも物を知らなさ過ぎる、と。

宮崎:
彼は、やっぱり、「星」があたったんですよ。
流れ星が。

Oui.

メビウス:
ああ、そうさ。

宮崎:
そう思います。

Oui, c'est une etoile filante,
tout a fait.
Qui est restee!

メビウス:
そうとも、流れ星、まったくその通りだ。
その星のかけらが、まだ僕の中に残っているってわけさ。

宮崎:
だって、
本当に、僕らがどれほど、メビウスさんの絵をみて驚いたか。
ちょっと表現の仕方が分からないんですが、
世界をこういう風な眼で眺めることが出来るんだ、という驚きでした。

J'ai essaye de travailler
plus sur la perception
que sur la technique du dessin.


メビウス:
僕は、漫画を描くときには、
テクニックよりも、
どう感じるかを大切にしようと思っていますよ。

宮崎:
世界に対する考えと技術というのは、
一体のものだと僕は思います。

メビウス:
Je suis obsede
par le technique.
En meme temps,
je pense que tous les grands artistes
ont travaille sur la perception.
Qu'est-ce qui fait
que tout a coup,
on est etonne par une oeuvre ?
Que ce soit un ecrivain,
un musicien ou autre,
c'est que tout a coup, il montre
une chose qu'on a tous sous les yeux
mais que personne n'avait vue.
Ou personne ne l'avait vue
avec cette verite-la.
Parfois, ca peut etre
des petits details,
ca peut etre le bout des ongles,
la facon dont les cheveux bouclent,
la quantite d'informations
qu'on met pour montrer un oeil...
Par exemple, sur quelqu'un qui court,
c'est le moment
ou on arrete le mouvement,
le pied est
a tant de centimetres du sol.
On ne l'avait jamais fait avant.
Des petites choses comme ca...


メビウス:
確かにテクニックは大事ですよね。
でもそれと同時に、
世の偉大なアーティストたちは、
どう感じるかを大切にして、
作品をつくって来たのではないかとも思うのです。
たとえば、あるとき突然、人がなにかの作品に衝撃を受けたとして、
そこには何が働いているんだろう、って考えてみるんです。
作家にしろ、ミュージシャンにしろ、
とにかく何かを表現する人が、
あるとき突然、目には見えるんだけれども、
でもまだ誰も観たことのないようなものを表現しようとするとき、
まだ誰もそんな感じ方では見たことのないようなものを
表現しようとするとき、
そこには何が働いているんだろう、って。
例えばそれは、
本当にささいなディティールだけの場合もあるかも知れない。
たとえば、爪のほんの先端部分だけだとか、
髪のたなびくちょっとした様子だとか、
眼を描くときに込めた、ちょっとした思いだとか。
たとえば、走っている人間を描くとして、
その動きの中の一瞬だけを切り取って描くようなとき、
片足が地面から何センチも浮いている、その一瞬の描き方だとか。
まだ誰も描いたことのないようなもの。
ほら、ほんの些細なものでいいんだ、たとえばこんな感じの……
 *かなり熱く語ってくれているおかげで、
 途中から段々とりとめが無くなって来てしまっています。
 原文よりももう少し整理した形で訳文を作ってあります。
 つぎの宮崎駿の発言も、
 とりあえず話題を変えて落ち着こうとしているのでしょう。

宮崎:
本当に単純な線で描いた人物像の向こうに、
メビウスさんの絵は、
向こうに空気があって、
その人物のこっちにも空気があって、
その人物のなかにも、いろいろな質を含めた、孤独な、誇り高い、
孤独で誇り高い、空間があるんです。
それがメビウスの絵の最大の魅力だと僕は思っています。

Merci. ドウモアリガト

メビウス:
ありがとう。ドウモアリガト。
 *字幕には「Merci.」(メルシー)としか記されていませんが、
 日本語で「どうもありがとう」と言っているように聞こえます。
 メビウスは、以前宮崎駿と対談したときにも、
 日本語で「さようなら」と言ったことがあります。
 その対談については以下の記事を参照してください。
 [宮崎駿とメビウスの対談

宮崎:
僕は日本の漫画家の、漫画界の多くの人間たちを代表して、
お礼を言わなければいけないと思っています。

J'ai pris beaucoup de lecons
des auteurs de mangas.


メビウス:
僕だって日本の漫画家たちから、
本当に多くのものを学んで来ているんだよ。



《補記》
メビウスと宮崎駿はお互いに熱心なファンどうしで、
深交を結んでいることが知られています。
二人の関係について語り出すと切りがないので、
ここは、二人の関係を端的に表わしている二枚の絵を
紹介しておくことにしたいと思います。
対談中でも触れられていますが、
宮崎駿の漫画『風の谷のナウシカ』は、
メビウスの代表作『アルザック』(Arzach)に
多大な影響を受けていると言われています。
そしてメビウスも、
『風の谷のナウシカ』の大ファンとして知られています。
このような関係を反映してか、なんと、
宮崎駿が描いたアルザックの絵と
メビウスが描いたナウシカの絵というものが、
存在しているのです。
ぜひとも、以下のリンクを見てみてください。
● ARZACH.
  正方形のサムネイルが並んでいるところの最下段、
  一番左側の絵が宮崎駿が描いたアルザックです。
  クリックで別窓で拡大。
  アルザックが乗っているのは翼竜なのですが、これは
  『ナウシカ』のメーヴェのモデルとしてよく名の挙がるものです。
● 「MAJOR GRUBERT」内「Affiches Dessins Serigraphie>Hommages」
  画像ファイルのアイコンが
  アルファベット順に並んでいるなかの、
  「Miyazaki_Nausicaa」とあるところをクリックして下さい。
  メビウスが描いたナウシカです。
ついでに付け加えておきたいのですが、
大友克洋が書いたアルザックと
メビウスが書いた『AKIRA』の鉄男の絵、というものも
存在しています。
それぞれ、上記のリンクの、
・宮崎駿のアルザックの右横の「Katsuhiro Ootomo」とあるサムネイル
・「Miyazaki_Nausicaa」の下の「Otomo Tetsuo」とあるところ
をクリックしてみて下さい。
それぞれの絵の詳細については、下記の記事を参照して下さい。
『Arzach』(アルザック)解説
宮崎駿との関連>メビウス作ナウシカのポスター

最後に蛇足ながら、ちょっとだけ、
付け足しておきたいことがあります。
今回こうやって幸運にも、
メビウスと宮崎駿の対談動画の文字おこしと和訳を
用意することが出来たのですが、
たとえば対談のなかでメビウスが宮崎駿を褒めまくっているからと言って、
「だから宮崎駿はすごいんだ、
 やっぱり日本のアニメ(あるいは漫画)は世界一なんだ」
なんていう風に受け止められてしまうとしたら、
僕は、それはとても不幸な誤解だと思っています。
同様に、宮崎駿がメビウスの多大な影響を受けているからと言って、
「やっぱりメビウスはすごいんだ、
 宮崎駿なんかより(あるいは大友克洋なんかより)
 メビウスの方が数段凄いんだぞ」
なんて考えてしまうのも、
メビウス・ファンの悪い癖だと僕は思っています。
日本の「漫画」とフランスのバンド・デシネは、
そもそも拠って立つ価値観が異なるのです。
その二つを同じひとつの価値観で比較してしまうのは、
(それは得てして、どちらかに都合の良い価値観でしかないのですが)
ナンセンスと言うほかありません。
安易に優劣を競い合うのではなく、
お互いの間にある〈差〉にこそ可能性を見出すこと。
自分たちの文化の文脈にはなかった新しい世界への驚きを大切にすること。
今回の対談の記事が、
そういった新しい世界への扉を開くきっかけになることが出来たなら、
そしてそれが、
日本の「漫画」の新しい可能性を拓くことに繋がることが出来るとするなら、
記事の作成者として、これほど嬉しいことはありません。


《注記》
この対談動画については、
僕の知る限りでは他にあと二つ、
和訳をウェブ上にアップしてくれている例があるようです。
まずその内のひとつは、宮崎駿作品の海外展開についてのサイト
「くろねこ亭」さんで公開されているものです。
● 「くろねこ亭」内「ハウルの動く城関連記事集」
● 「くろねこ亭」トップページ
「くろねこ亭」さんの訳については、
下訳から決定稿を作成する過程で参照させて頂いたことを付記しておきます。
もうひとつの訳については、噂は聞くものの、
ついに現物を参照するには至りませんでした。

訳文は定期的に見直しをして、
そのつど改訳の手を入れて行くつもりです。
訳文はつねに流動的です。
注意して下さい。

当記事のそれぞれの抜粋動画の訳の冒頭には、
半角のアラビア数字でアンカーが打ってあります。
以下のようにURLを指定して頂ければ、
それぞれの訳の冒頭にリンクを張ることが出来るようになっていますので、
参考にして見てください。
http://moebius.exblog.jp/1569749/#1 ←抜粋動画その1へのリンク
http://moebius.exblog.jp/1569749/#2 ←抜粋動画その2へのリンク
http://moebius.exblog.jp/1569749/#3 ←抜粋動画その3へのリンク
http://moebius.exblog.jp/1569742/#4 ←抜粋動画その4へのリンク
http://moebius.exblog.jp/1569742/#5 ←抜粋動画その5へのリンク




本展関連の他の記事については、
以下の記事を参照してください。
「宮崎駿―メビウス」展関連記事インデックス
訳文の改定にあたって、
『ハウルの動く城』特別収録版DVD収録の字幕を参照しています。
『ハウルの動く城』DVDレポート(メビウス関連のみ)

[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 ]
[PR]
by moebius-labyrinth | 2004-12-30 08:37 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< メビウス&宮崎駿対談動画:文字... 対談動画:文字おこしと全和訳、... >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた