フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
大友克洋「スチームボーイ」展とメビウス
大友克洋監督の映画『スチームボーイ』のフランスでの公開に臨んで、
2004年9月にパリの画廊で「大友克洋」展という展覧会が開催されました。
その展覧会の特別公開の日にメビウスが会場を訪れたようです。


◆ 「大友克洋」展
● 会場の画廊「Arludik」公式サイト
● 上記サイト内インデックスページ
上記のインデックスページの左側、
上から二つ目の囲みのなかの「Otomo」とあるところをクリックしてください。
右側が入れ替わって、「大友克洋」展の紹介ページに移ります。
テキストを和訳しておきましょう。
Arludik公式サイトインデックスページへ

KATSUHIRO OTOMO
Exposition de dessins
DU 27 AOUT A MI-SEPTEMBRE

A l'occasion de la sortie du film 《Steamboy》,
la galerie Arludik a le palisir de presenter
des dessins originaux de Katuhiro Otomo et son aquipe.
Un tirage limite sur Velin d'arches numerote
et signe sera vendue
dans le cadre de cette exposition unique.


「大友克洋」展
『スチームボーイ』原画展
8月27日から9月中旬まで

映画『スチームボーイ』の公開に臨んで、
当ギャラリー「Arludik」で、
大友克洋をはじめスタッフの描いた
映画の原画の展覧会を開催いたします。
本展の開催を記念して、
サインと通しナンバーを入れ上質紙アークベラムに印刷した
限定複製原画の販売も予定しております。
 *「Velin」は上質紙の名前で、
 「ベラム、犢皮紙」などと訳される語です。
 「arches」がよく分からないのですが、
 「Velin d'arche」で上質紙の名前を意味するようです。
 高級複製版画などに使われる紙として
 よく名前の挙がるものです。

● 上記サイト内「Soirees ludiques>PAGE 2」
プレ公開の写真も公開されています。

ギャラリー「Arludik」はベデの展覧会を積極的に開いている画廊として、
よく名前のあがるところです。
インデックスページには、メビウスの他、
H.R.ギーガー(Giger、映画『エイリアン』のデザイナーとして有名)や、
「宮崎駿―メビウス」展(MIYAZAKI/MOEBIUS、巡回展でしょう)
といった名前が見えます。


◆ 展覧会のレポート
展覧会の開催にともなって特別公開日が設けられ、
その会場にメビウスをはじめベデの有名作家たちが数名顔を出したようです。
その時の様子がレポートされているサイトがいくつかあるので、
簡単に見ておきたいと思います。

● 「DVDANIME.NET」内「Exposition Steamboy a Paris」
メビウスに関連する箇所だけ訳出しておきましょう。
Le Vernisage
Petit evenement a la Galerie Arludik,
Katsuhiro Otomo devait donc passer
dans la soiree du 7 septembre.
[中略]
On a egalement eu droit a la viste de Moebius en personne
qui a fait son petit tour,
et disdute avec Otomo bien entendu,
qu'il connait depuis longtemps.


ヴェルニサージュ(関係者限定の特別公開)
9月7日、ギャラリー「Arludik」でちょっとした事件が起こった。
なんと大友克洋氏本人が、当日の晩に会場を訪れたのだ。
[中略]
会場にはメビウスも駆けつけた。
展示作品を一通り観たあと、
大友克洋氏とも言葉を交わしていたようだ。
二人は旧知の仲である。
 *ヴェルニサージュ(Vernisage)というのは、
 普通は、展覧会の一般公開の前に、
 関係者だけを集めて開かれる特別公開のことを指すのですが、
 本展のヴェルニサージュは会期中に行われたようです。
 大友克洋のスケジュールの都合なのでしょうか。


● 「ANIMELAND.com」内「Compte-rendu de l'esposition OTOMO」
メビウスに関連する箇所だけ訳出しておきましょう。
Et enfin, last but not least,
Jean GIRAUD, alias MOEBIUS,
est venu saluer le maitre et visiter la galerie.
Sollicite par la television,
il s'est fendu d'un petit commentaire dithrambique sur OTOMO.


そして最後に、
何と言ってもこの人物に触れぬわけには行かないだろう。
メビウスことジャン・ジロー氏も、
大友克洋氏への挨拶をかねてギャラリーを訪れた。
テレビ局の要請に応じてコメントを残していったが、
とにかく大友氏を褒めちぎっていたようだ。

記事のすぐ右側のコーナーで当日の会場の写真も
紹介されています。
下から2番目の写真がメビウスのものです。
サムネイルをクリックで別窓で拡大されます。
一番下の写真にもメビウスが写っているようなのですが、
クリックで拡大すると下から2番目のものとおなじ画像が表示されます。
アップするときに間違えてしまったのでしょう。

● 「ANIMEKA」内「Otomo et Moi」
日本のアニメのファンサイトです。
Moebius
(il a participe au deux expos precedentes a la galerie)
est passe dire bonsoir a Otomo qu'il connait bien,
j'etais probablement parti,
car, je ne l'ai pas vu.


メビウス
(過去に二回、この画廊で展覧会を開いたことがある)
も、大友克洋への挨拶をかねて会場を訪れていたようだ。
二人は旧知の仲だからね。
残念ながら僕は行き違いになったようで、
メビウスの姿を見ることは出来なかった。

また、以下のような記述も見られます。
Cet apres-midi la,
il y a des journalistes :
un de Cinecinema avec sa camera,
un autre d'Animeland.


この日は午後からジャーナリストも多数会場を訪れていた。
テレビ局「Cinecinema」のカメラも入っていたし、
「Animeland」の記者の姿も見えたな。

「Animeland」は一つ前に紹介したリンクです。
「Cinecinema」は映画専門のテレビ局の名前です。
公式サイトで"otomo"でサイト内検索をかけてみたのですが、
残念ながら該当件数は0件でした。
● 「Cinecinema」公式サイト
  サイト内検索のフォームで"otomo"で検索をかけてみましたが、
  ヒット件数は0件でした。
● グーグル仏で上記サイト内を"otomo"でサイト内検索
  僕が検索した限りでは残念ながらヒット数は0件でした。
● テレビ局「ARTE」公式サイト内「Interview de la semaine - Otomo 」
  残念ながら動画等の紹介はされていないようです。
  大友克洋の写真のすぐ上に、オレンジ色のテキストで
  La bande-annonce du film en real video
  Real videoで映画の予告編を観る

  とありますが、これは文字どおり映画のトレイラーなので、
  映画をすでに観た人はとくに観るまでのものではないでしょう。
  テキストをクリックするとリアルプレイヤーが立ち上がって
  トレイラーの動画ファイルが再生されます。
● 「CYBER ADVENTURE TSUKA」内「Focus On>Steamboy」
展覧会の記事ではありませんが、
なかなか興味深い記事なのであわせて紹介しておきます。
二つ目の見出し「Media」(動画ファイルの紹介)のなかで、
映画のトレイラーとあわせて、
『スチームボーイ』のメイキング映像が紹介されています。
「Making Of - Extrait」(メイキング映像、抜粋)とある横の、
「Real Video 9 (1 MO)」(Real Video 9、1メガバイト)とあるところを
クリックしてください。
RealPlayerが立ち上がって、
どうやら日本のテレビ番組からの抜粋と思われる
動画が再生されます。
(この番組の素性はよく分かりません)
DivXというソフトがインストールされていないと
音声だけ再生されて画面は黒いまま、
という形で再生されてしまうかと思います。
その場合は下記の記事を参照して見てください。
メビウスのインタビュー動画(「ランカル」が動く!)
また、『スチームボーイ』のフライヤーやポスターの画像も
下のほうで紹介されていたります。

● 『スチームボーイ』フランス版公式サイト


◆ メビウスと大友克洋の対談記事
「メビレンジャー」さんの掲示板で
さらに興味深い情報が投稿されています。
● 「メビレンジャー」内掲示板
  367番の投稿を参照してください。
なんと、メビウスと大友克洋の対談が実現していたようです。
● フランス版「PREMIERE」誌公式サイト内「2004年9月号、第331号」のページ
110. OTOMOEBIUS
A l'occasion de la sortie de Steamboy,
Katsuhiro Otomo dialogue avec Moebius.
Rencontre de deux geants du bassin.


110ページ オートメビウス(大友とメビウス)
映画『スチームボーイ』の公開にあわせて、
大友克洋氏とメビウスが対談を行った。
二人の天才漫画家の会談の模様をお伝えしよう。
 *「bassin」は「池、プール、洗面器」という意味の語です。
 これではさすがに意味が通じないので、
 「dessin」(漫画)のタイプミスと見て訳しておきました。

調査協力が呼びかけられているもうひとつの雑誌については、
僕の思いつく限りでくわしく調査をしてみたのですが、
残念ながら特定するには至りませんでした。
ひきつづき調査をして行きたいと思います。


◆ 大友克洋ファンの方のために
その代わりと言っては何ですが、
なんと大友克洋のインタビュー動画を発見してしまっています。
『スチームボーイ』のフランスでの公開に合わせて、
フランスのテレビで放映されたもののようです。
メビウスには関係のないものなので、
本来ならこのサイトでは取り扱わないものなのですが、
これはさすがにご紹介しないわけには行かないでしょう。
詳しくは以下の記事を参照してください。
大友克洋『スチームボーイ』インタビュー動画:ANIMELAND


《追記》
上述したメビウスと大友克洋の対談記事を用意しました。
くわしくは以下の記事を参照してください。
メビウス&大友克洋対談記事:「OTOMOEBIUS」1


関連:
メビウスと宮崎駿と大友克洋の写真:ギャラリーArludik
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-02-03 20:52 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 大友克洋『スチームボーイ』イン... 新作『MISTER BLUEB... >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた