フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
『リトル・ニモの野望』解説
(主に『ニモ』におけるメビウスと宮崎駿の参加状況について)

《基本情報》
書名:リトル・ニモの野望
著者:大塚康生
絵:(宮崎駿や高畑勲等の絵、写真が紹介されている。
  メビウス関連の画像はなし)
出版社:徳間書店
ISBN:4198618909(初刷)
初版発行年:2004年7月31日
公式解説ページ:なし(大塚康夫の公式サイト


1970年代後半から1980年代にかけて、
日米合作という形で制作された『ニモ』
(英題『LITTLE NEMO』)という映画がありました。
同作は宮崎駿、高畑勲、そしてメビウスをはじめ、
有名なアーティストが数多く参加した非常に豪華な企画だったのですが、
残念ながら興行的には失敗してしまいました。
しかし、日本のアニメを世界に紹介した映画として、
いまでも語り継がれる作品となっています。


◆ 『リトル・ニモの野望』概要
『ニモ』の制作に直接関わった大塚康夫が
みずから当時の制作状況をくわしくレポートしてくれているのが、
本書『リトル・ニモの野望』です。
たんにメビウスの関連書籍としてだけではなく、
日本アニメの海外進出黎明期の様子を伝えるものとして、
とても興味深い本です。
本書の概要については、
すでにくわしく紹介してくれているサイトさんが他に沢山あるので、
そちらを参照させていただくことにしましょう。

 ◆ 『リトル・ニモの野望』について
● アマゾン日内『リトル・ニモの野望』
● 「アニメ! アニメ!」内「書評:『リトル・ニモの野望』」
● 「本、映画、音楽」内「『リトル・ニモの野望』 大塚康生著」

 ◆ 映画『ニモ』について
● 「goo映画」内「ニモ」
● 「allcinema ONLINE」内「NEMO ニモ」
● 「IMDb」内「Little Nemo: Adventures in Slumberland」

 ◆ 大塚康生について
● ウィキペディア日内「大塚康生」
● 大塚康生公式サイト「大塚康生のWEB峠の茶屋」

 ◆ 原作者ウインザー・マッケイについて
● 「たけくまメモ」内「夢オチはなぜ悪いのか?(2)」
● 同サイト内「W・マッケイとアニメーションの始原(1)」
● 同サイト内「W・マッケイ(2)これが95年前のアニメだ!」


◆ 映画『ニモ』におけるメビウスと宮崎駿の参加状況
映画『ニモ』は、
メビウスと宮崎駿がはじめて一緒に仕事をした作品でもあるわけですが、
(「宮崎駿―メビウス」展をのぞけば、
 二人の共作というのはこれが唯一の例なんじゃないかと思います)
『リトル・ニモの野望』によると、
どうやらメビウスと宮崎駿は実際には会ってはいないようです。
『ニモ』は非常な難産の作品で、
途中で一旦企画が頓挫し、
スタッフが大幅に入れ替えられているのですが、
なんと、
宮崎駿は入れ替え前のメンバー、
メビウスは入れ替え後のメンバー、
ということで、
同じ作品の制作に参加しながら、実質上は一緒に仕事をしていない、
という何とももどかしいと言うか、残念な結果になっているようです。
本書にもとづいて簡単に整理しておきましょう。

 ◆ 『ニモ』製作開始から宮崎駿の参加まで
1978年夏
プロデューサー藤岡豊により、
日米合作で『夢の国のリトル・ニモ』を映画化する企画が立てられる。
同年秋、『ニモ』の制作のために
制作会社テレコム・アニメーションフィルムが設立される。

1979年3月
『ニモ』制作を視野に入れて、
制作会社テレコムのアニメーターの養成をかねて
『ルパン三世 カリオストロの城』の制作が開始される。
監督として宮崎駿が起用される。
同年12月15日同作公開。

 1980年ごろ
 宮崎駿、メビウスの代表作『Arzach』に出会い、衝撃を受ける
 [メビウス&宮崎駿対談動画:文字おこしと全和訳1

1981年
『ニモ』の制作が本格的に開始される。
宮崎駿、スタッフとして参加

 1982年1月
 宮崎駿、漫画『風の谷のナウシカ』の連載を開始。
 (「アニメージュ」2月号)
 当時からメビウスの影響が指摘される作品であった。
 宮崎駿自身も同作へのメビウスの影響を認めている。
 [メビウス&宮崎駿対談動画:文字おこしと全和訳1

1982年8月中旬
宮崎駿をはじめとした『ニモ』の日本人スタッフが渡米。
ロサンジェルスでディズニーのアニメーターの講義を受ける。
(この2年後、1984年からメビウスはロサンジェルスに住むようになる)

 ◆ 宮崎駿の離脱から『ニモ』制作の一時中断まで
1982年11月22日
宮崎駿、『ニモ』の制作から離脱
『ニモ』の制作会社である
テレコム・アニメーションフィルムを辞職する。

1983年2月8日
『ニモ』の製作発表が帝国ホテルで行われる。
しかし、この後、
プロデューサーのゲーリー・カーツと日本スタッフの間での
制作スタイルの差が、
たびたび問題となるようになった。

 1984年3月11日
 宮崎駿監督の映画『風の谷のナウシカ』が公開される。
 同日ビデオも発売される。
 (このビデオの海賊版が、のちにメビウスの目に触れることとなる)

1984年8月8日
『ニモ』の制作中断が決定。

 1984~1985年
 メビウス、映画『風の谷のナウシカ』を海賊版のビデオで観る
 (メビウスは当時アメリカのロサンジェルスに住んでいた)
 当時はメビウスはまだ宮崎駿を知らず、
 監督の名前を知らないままビデオを観て衝撃を受け、
 一気に宮崎駿のファンになった。
 [記者会見の記事の抄訳:「宮崎駿―メビウス」展

 ◆ メビウスの参加から二人が実際に出会うまで
1985年4月
メビウス、『ニモ』の制作に参加決定
[前略]メビウスは極端な菜食主義者[後略]

メビウスはその頃から宮崎さんファンで
「藤岡はなぜ宮崎にこのプロジェクトを任せなかったのか?」
を繰り返しながら、
際限なく手を動かして
彼特有のSF的な奇妙なキャラクターのスケッチを
描いては捨て、描いては捨てていたし、[後略]
[いずれも『リトル・ニモの野望』156ページより。
 適宜改行を入れてある]


 1987年
 メビウス、来日。
 スタジオ・ジブリを訪れ、やっと宮崎駿に会う
 [雑誌「Cut」:「宮崎駿―メビウス」展の記事

1989年7月15日
『ニモ』、日本公開。

 1992年前後
 メビウスに娘が誕生。
 ナウシカと命名する。
 [風の谷のメビウスの娘はネコバスでおおはしゃぎ

上記の年表は『リトル・ニモの野望』にもとづき、
適宜、当サイトで調査した結果を加えてあります。


『リトル・ニモの野望』でのメビウスへの言及は、
上の年表の1985年4月の項に引いた箇所くらいで、
他には2,3回名前が挙がる程度です。
メビウスだけを目当てに買うには貧弱な内容と言わざるを得ませんが、
もともと日本のアニメについて書かれている本なので、
これは仕方のない所でしょう。
それよりも、日本アニメの海外進出黎明期の様子を伝える書物として
とても興味深いので、ご一読をおすすめします。


《付記》
ということで、
『ニモ』の制作に関してはメビウスと宮崎駿は実際には出会ってはいず、
(それどころか、厳密には共作でもない)
二人が実際に出会ったのは1987年になってから、
ということになるようです。
宮崎駿がロサンジェルスに行った後に
メビウスがロサンジェルスに引っ越して来たり、
宮崎駿が『ニモ』の制作から離脱してから
メビウスが制作に参加したり、と
何とももどかしいすれ違いが何年も続いたようです。
二人が実際に出会うまでには、
実に7年近くの紆余曲折があったのですね。
メビウスが『ニモ』を制作しながら
「宮崎駿は何で居ないんだ?」
なんて愚痴ったり、
宮崎駿がメビウスと会うためだけに渡仏したり、
メビウス&宮崎駿対談動画:文字おこしと全和訳1
なんてことも、こういう経緯があったからこそなのですね。
それを思うと、二人の対談動画も一層感慨深いように思います。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-03-12 23:08 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 『VARIATION No40... volumenの画像リンク集2... >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた