フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
メビウス、宮崎駿に出会った時のこと:「CineLive」:《付記》
フランスの映画雑誌「CineLive」誌に掲載された
メビウスのインタビュー記事の全訳の《付記》です。
インタビュー記事本文に関しては以下の記事を参照して下さい。
メビウス、宮崎駿に出会った時のこと:「CineLive」

ここでは、上記のインタビューで言及されている年月について
検証を加えます。


《付記》
インタビュー本文中、
メビウスがはじめて宮崎駿の作品に触れたのは1987年だった、
(「C'etait en 1987, 」)
とありますが、
これはメビウスの思い違いであるようです。

まずは確実な情報を整理しておきましょう。
● [記者会見記事の下訳のまとめ1:「宮崎駿―メビウス」展]
● [『リトル・ニモの野望』解説]
メビウスがアメリカに居たのは1984年から1988年のあいだです。
1985年に映画『ニモ』の制作参加が決定して、来日もしています。
1985年の時点ではすでに宮崎駿の名前を知っていて、
一方、メビウスがはじめて宮崎作品に触れた時には
まだ宮崎駿の名前を知らなかったのですから、
メビウスがはじめて『風の谷のナウシカ』を観たのは、
1984年から1985年の間ということになるでしょう。

ところで、
メビウスがはじめて実際に宮崎駿本人に会った時期について、
以下のような情報があります。
● [雑誌「Cut」:「宮崎駿―メビウス」展の記事]
上記の記事で紹介している雑誌の記事に、
「今から17年前」にメビウスがはじめて宮崎駿に会った、
とあります。
問題はこの雑誌の発売時期と号数で、
2004年12月に発売された2005年1月号であるために、
「今から17年前」の「今」が何年なのか微妙なところです。
2004年から17年前は1987年、
2005年から17年前は1988年、
です。

ここで俄然輝きを増すのが、
上に訳出した雑誌記事の発言でしょう。
メビウスは、
はじめて宮崎作品を観た時期とはじめて宮崎駿に会った時期を
取り違えて記憶しているのです。
そう考えればすべて上手く説明することが出来るように思います。
つまり、メビウスがはじめて宮崎駿に会ったのは、
2004年から数えて17年前、1987年であったわけです。

あくまで僕の解釈による年代推定で、
決定的な資料に欠けているとは思うのですが、
まあ、これは確定しておいて良いのではないかと思います。
メビウスがはじめて『ナウシカ』を観たのは1984~1985年、
メビウスがはじめて宮崎駿に会ったのは1987年、
ということになります。

ただ、まだもう一つ問題が残っていて、
メビウスがはじめて『風の谷のナウシカ』の海賊版ビデオを観て、
「数ヶ月経ってから、『天空の城ラピュタ』が公開された」
(Laputa Le chateau dans le ciel sortait quelques mois plus tard. )
ともあります。
原文中「quelques mois plus tard」は、
「それから数ヶ月(もしくは2,3ヶ月)経ってから」
というほどの意味です。
『天空の城ラピュタ』が日本公開されたのは1986年8月2日、
アメリカで限定公開されたのが1989年、
他国での公開はおおよそ1987年以降なので、
ここで言っているのは日本公開の年月と見てよいでしょう。
 ● ウィキペディア日内「天空の城ラピュタ」
 ● 「くろねこ亭」内「天空の城ラピュタ」
 ● 同上内「ラピュタ世界公開のページ」
『ナウシカ』を一般公開前に海賊版ビデオで観てしまうくらいですから、
『ラピュタ』に関しても同様の手段で観たと考えてよいと思います。
そうなると、『ラピュタ』の日本公開年月から逆算して、
メビウスが『ナウシカ』を観たのは1986年の5,6月ごろ
ということになってしまいます。
1985年にはすでに宮崎駿の名前を知っていたことが
確実に分かっているのですから、
これでは矛盾してしまいます。

この問題とあわせて、
メビウスがはじめて『ナウシカ』を観たときのことについては
もう少し資料を集めてみる必要があると思うのですが、
今のところは、
『ラピュタ』の公開年月との矛盾はメビウスの記憶違い、
メビウスがはじめて宮崎駿に会ったのは1987年、
ということにしておきたいと思います。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-04-10 21:16 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< メビウス、宮崎駿に出会った時の... 『MISTER BLUEBER... >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた