フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
『ARZACH』下訳その23 - 補注
前回の記事の補注です。

 ◆『不思議の国のアリス』本文
● ウィキペディア日内「不思議の国のアリス」
『不思議の国のアリス』の本文は
以下のページで参照することが出来ます。

《英語原典》
● 「eBooks@Adelaide」内「Carroll, Lewis, Alice’s Adventures in Wonderland」
● 同上内第六章

《邦訳版》
● 「プロジェクト杉田玄白」内「正式参加テキスト>キャロル、ルイス『不思議の国のアリス』」
● 同上内第六章

残念ながら同作の仏訳版については、
ウェブ上で公開されている例は見つけられませんでした。
● ウィキペディア仏内「Alice au pays des merveilles」
「Alice au pays des merveilles」というのは
『不思議の国のアリス』の仏題です。

『LA DEVIATION』(まわり道)の[3(13)>1]のジャンの台詞は、
『不思議の国のアリス』の第六章のチェシャ猫(笑い猫)の
エピソードを巨人に語って聴かせている、
という趣向になっているようですが、
原典の忠実な引用というわけではなく、
木の上に座っているチェシャ猫をアリスがはじめて見る場面と、
チェシャ猫が笑い顔だけ残して消えてゆく場面、
(どちらも笑い猫のエピソードとして有名な場面です)
を要約して、さらに改変を加えてあるもののようです。

 ◆ 木の上のチェシャ猫に出会う場面
● 英語原典第六章
when she was a little startled
by seeing the Cheshire Cat sitting
on a bough of a tree a few yards off.

● 邦訳版第六章
何メートルか先の木の大えだに、
あのチェシャねこがすわっていたので、
アリスはちょっとぎょっとしました。

『LA DEVIATION』(まわり道)
...ALICE SE RETOURNA
ET FUT FORT EFFRAYEE :
UN GROS CHAT,
PERCHE SUR LA MAITRESSE BRANCHE DU BANANIER,
……アリスは振り向いて、
すごくびっくりしました。
太った猫が、
バナナの木の大枝のうえに座っていたのです。


原典ではチェシャ猫の座っている木は
単に「a tree」(木)とされているだけですが、
『まわり道』では「BANANIER」(バナナの木)とされています。

 ◆ バナナの木の枝?
さて、かなり細かいことなんですが
拘(こだわ)っておきたいことがあります。
「LA MAITRESSE BRANCHE DU BANANIER」は
「バナナの木の一番太い枝」という意味になるのですが、
そもそもバナナの木に枝なんてあるんでしょうか。
バナナの木の写真は以下のページで見ることが出来ます。
● ウィキペディア日内「バナナ」
● 沖縄県立図書館公式サイト内「沖縄素材集>農業>バナナ01」
● 同上内「バナナ02」
● 同上内「農業一覧」
● 「ブルーミングスケープ」内「ご購入のお客様のお声 バナナ」
 *鉢植えの小さな苗の写真ですが、
 バナナの木の構造を端的に見て取れる例だと思います。
バナナの木というのは、一本の幹の頂上から葉が放射状に生えている、
という構造になっているようです。
幹から生えているのはあくまで“葉”(feuille)なんであって、
“枝”(Branche)ではないんじゃないでしょうか。
この葉を枝と見做すとしても、
これらの枝はすべて同じような葉ばかりで、
その中から「一番太い枝」(la maitresse branche)
を認識するというのも、無理があるように思います。
僕が思いつく解決策は以下の三つです。

 ・「一番太い枝」は“幹”(fut)のことを指している。
 ・「丸い四角」や「熱い氷」といった、
  いわゆる形容矛盾的な言葉あそび。
 ・単なるミス、もしくは僕の考え過ぎ。

我ながら細かすぎるとは思うのですが、
いまは一番目の解釈を採っておきたいと思います。
バナナの木の幹の上に乗っているということは、
結局バナナの木の上に乗っているということなんでしょう。

...ALICE SE RETOURNA
ET FUT FORT EFFRAYEE :
UN GROS CHAT,
PERCHE SUR LA MAITRESSE BRANCHE DU BANANIER,
LA FIXAIT D'UN REGARD JAUNATRE!
"IL DOIT ETRE TRUQUE LUI AUSSI"
SONGEA ALICE
……振り向いたアリスはすごくびっくりしました。
バナナの木の上に太った猫が一匹、
ニタニタ笑いながらじっとこちらを見ているのです。
「あの猫も幻かなにかに違いないわ」
アリスはそう思いました。

 ◆ 「CHAQUN SON TRUC」と「REGARD JAUNATRE」
各種中型仏和辞典を調べてみたんですが、
いずれも語釈は掲載されていませんでした。


《付記》
うー、『まわり道』の文章って
『ランカル』よりも格段に難しいっす……。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-08-18 22:34
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 『ARZACH』下訳その24 『ARZACH』下訳その23 >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた