フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
『Arzach』(アルザック)解説
《基本情報》
書名:ARZACH
絵:Moebius
話:Moebius
出版社:LES HUMANOIDES ASSOCIES
ISBN:2731614080[BD GEST'
初版発行年:1976年
公式解説ページ:LES HUMANOIDES ASSOCIES社サイト内解説ページ


《解説と画像の紹介》
『フランスコミック・アート展 図録』から『アルザック』の解説を
引いておきます。
1974年、メビウスらによって共同創刊された
『メタル・ユルラン』誌において、
創刊号より連載された[訳注↓]。
翼竜のような生物を乗りこなし、
風変わりな帽子をかぶった男アルザックが、
幻想的な世界で活躍する物語。
ある時は機転を利かせて怪物を退治し、
またある時は女性の着替えを覗き見するなど、
アイデアとユーモアが散りばめられている。
セリフや擬音を全く使用せず、
音の世界を読者の想像に任せるという手法が、
BD世界に革命をもたらした。
台詞に頼ることなく展開される描写は、
躍動感を視覚的に強める効果をも生み出している。
コマの割り方でさえ一様ではなく、デザイン的に処理されており、
メビウスならではのグラフィックが堪能できる
完成度の高い作品である。

[訳注:「メタル・ユルラン」誌の創刊年は1975年です。]

奥田奈々美
(細萱敦、柴田勢津子編『フランスコミック・アート展 図録』
2003年 滋賀県立近代美術館)より

◆ LES HUMANOIDES ASSOCIES社公式サイトの『Arzach』解説文
● LES HUMANOIDES ASSOCIES社公式サイト内『Arzach』解説文

Un des chefs-d'oeuvre de Moebius au plus fort de son art,
dans les annees 70.
Son premier album sous le label des Humanoides Associes.
L'edition definitive d'un des livres emblematiques
d'une periode cle de la bande dessinee europeenne.

70年代に発表された、
メビウスの力量が遺憾なく発揮された傑作のうちのひとつ。
ユマノイド・アソシエ社からは
本作がはじめての作品となっている。
ヨーロッパのバンド・デシネ史上、
もっとも重要な一時代を象徴する一作を、
決定版編集でお送りする。


◆ 『アルザック』一番最初のエピソードはどれか?
『アルザック』(Arzach)は、
1975年にメビウスが中心となって創刊されたベデ専門雑誌
「メタル・ユルラン」(Metal Hurlant)の創刊号に、
はじめて発表されました。
「メタル・ユルラン」と『アルザック』が
バンド・デシネの歴史上どのような意義を持っているかについては、
以下のサイトでとても分かりやすく解説されています。
● 「PLANET COMICS.JP」内「メタル・ユルラン」解説ページ
かいつまんで言うなら、
子供向けの漫画しかなかったベデ界に、
大人向けの芸術性を重視した作品が登場するきっかけになった、
ということになるでしょうか。
ストリップからストーリー漫画への移行、
という点も強調しておいて良いでしょう。
 [基本用語解説

「メタル・ユルラン」誌については
以下のサイトがすばらしく詳しいです。
● 「BD oubliees」内「メタル・ユルラン」のページ
● 同上内「メタル・ユルラン」発刊年一覧
● 同上内「メタル・ユルラン」1975年のページ
● 同上内「メタル・ユルラン」1976年のページ
● 同上内「メタル・ユルラン」所収の『アルザック』一覧
上記サイトの記述によると、
『アルザック』は「メタル・ユルラン」の1975年~1976年の号に
発表されたようです。
一番最初の作品は「メタル・ユルラン」1975年第1号に発表された
合計8ページのエピソードのようです。
ここで、この一番最初の8ページのエピソードについて、
もう少し詳しく検討してみましょう。

アルバム『アルザック』には、
四つのまとまった「アルザック」のエピソードが収録されています。
(一番最初のモノクロの作品は、
 『LA DEVIATION』〔まわり道〕という
 「アルザック」とは別個の作品です。
 アルバム『アルザック』には2種類の作品が併録されているのです)
簡単に確認しておきましょう。
 *便宜的にそれぞれのエピソードに題名を付けてあります。
 ページ数は2000年1月発行のNouvelle edition, ISBN:2731614080
 に拠ります。

(1) 塔のなかの美女のエピソード
題名は「ARZACH」と表記。
21~28ページ(合計8ページ)。
塔のなかに居る美女を奪うために、
塔のうえに居た男と戦い、
いざ美女と対面してみたら……、という話。

(2) 猿の心臓のエピソード
題名は「HARZAK」と表記。
29~36ページ(合計8ページ)。
アニメ『アルザック・ラプソディ』の
「猿の心臓」の元になったエピソード。
肉食植物の繁茂する荒野で一休みするために、
休憩地を賭けて大猿と知恵くらべをする話。

(3) 美しき修理士のエピソード
題名は「ARZACH」と表記。
37~44ページ(合計8ページ)。
アニメ『アルザック・ラプソディ』の
「美しき修理士」の元になったエピソード。
古代遺跡のような建物のなかにある機械を
ある修理士が修理すると、
モニターにアルザックの様子が映し出され、
それまで気を失っていた翼竜が目を覚ます様子が映される、
という話。
メタ的な構造をもつ話。

(4) アルザックがのぞきをするエピソード
題名は「HARZACH」と表記。
45~49ページ(合計5ページ)。
かなり支離滅裂な話なので、要約は困難。
45~46ページ、47~49ページ、という
二つのエピソードに分かれているのかも知れない。

まず確認しておきたいのは、
「アルザック」の一番最初のエピソードは
「Arzach」という題名の8ページのエピソードだという点です。
● 「BD oubliees」内「メタル・ユルラン」所収の『アルザック』一覧
一番最初のエピソードは(1)か(3)のいずれかのはずです。
ここで(3)のストーリーの構造に着目してみましょう。
(3)では、
話のメインになっているのはあくまで修理士の物語で、
アルザックは修理士の眺めるモニターのなかに映し出されるだけです。
つまりこの話は、
すでに存在している「アルザック」という作品の
一種のパロディーとして構想されているのです。
(3)が一番最初のエピソードである確率は低いと言えるでしょう。

要するに、
一番最初に発表されたエピソードは(1)だと考えられるわけです。
もちろん実際に「メタル・ユルラン」創刊号を見てみないと
どうしようも無いのですが、
確率としては一番高いのではないでしょうか。
いまのところは、この(1)のエピソードこそが、
バンド・デシネの歴史に革命を起こした当の作品、
としておきたいと思います。

《追記》
これも厳密に言うなら確実なソースではないのですが、
(1)が一番最初に発表された「アルザック」とする
もう一つの傍証を確認しました。
● 「MAJOR GRUBERT」内「textes interviews」
アルファベット順にアイコンが並んでいるなかの
「ComicJournal118 17」をクリックしてください。
アメリカのコミック専門誌に掲載された
メビウスのインタビュー記事の画像です。
ここに(1)の最初の1ページが図版として掲載されていますが、
この図版のうえのキャプションに以下のようにあります。
Where it all began:
The first installment of
“Arzach,” also in the
first Metal Hurlant.

すべてはここから始まった:
「アルザック」の連載第1回。
おなじく創刊号の「メタル・ユルラン」誌に
掲載されたもの。

原文中「installment」は「連載ものの一回分」という程の意味なので、
「アルザック」全体ではなく、
連載第1回の「アルザック」を特定して言っていると考えて良いでしょう。
まさしく、すべてはここから始まったわけです。


◆ 画像の紹介
次に紹介するのは、『アルザック』の画像を見ることが出来るサイトです。
表紙、8ページ、12ページ、21ページ、23ページ、29ページ、31ページ、
37~44ページ、46ページ、47ページ、50ページ、
の画像(全22ページ)を見ることが出来ます。
『アルザック』は全部で60ページなので、
全体の1/3ほどは下のリンク集でカバーすることが出来ます。
最後におまけとして、
大友克洋と宮崎駿が描いたアルザックの画像を見ることができるサイトも
紹介してみました。

● LES HUMANOIDOS ASSOCIES社公式サイト『Arzach』の紹介ページ
『アルザック』を出版しているLES HUMANOIDOS ASSOCIES社のページです。
表紙31ページ46ページ12ページの画像を見ることができます。
画像をクリックすれば大きなサイズで見ることも可能。

● 『アルザック』の1エピソードが読めるページ(グーグルキャッシュ)
『アルザック』の1エピソード(37~44ページ分)を
まるごと読めてしまうページ。
やはり著作権的にまずかったのか、ページそのものは消えてしまいましたが、
しっかりグーグルキャッシュに残っています。
サムネイルをクリックすれば大きなサイズで見ることも可能。

● 「MOEBIUS Fatal」『アルザック』の紹介ページ
おそらくメビウスのファンサイトとしてはもっとも有名なサイト、
「MOEBIUS Fatal」(メビウス、それは運命)のなかの、
『アルザック』の紹介ページです。
表紙、8ページ、21ページ、29ページ、50ページの画像を見ることが出来ます。

● 「BD NET.com」『アルザック』のページ
バンド・デシネの各作品の紹介と、オンライン書店の連携による販売を
行っているサイト、「BD NET.com」のなかの『アルザック』のページ。
29ページの画像を見ることが出来ます。
サムネイルをクリックすると大きなサイズで見ることも可能。

● 「BD GEST' Base de donnees BD」内『アルザック』のページ
読者参加型のバンド・デシネのデータベースのサイト、
「BD GEST' Base de donnees BD」(ベデの功績 ベデのデータベース)のなかの
『アルザック』のページです。
23ページの画像を見ることが出来ます。
サムネイルをクリックすると大きなサイズで見ることも可能。

● 「BD selection」の『アルザック』のページ
おなじく23ページの画像を見ることが出来ます。

● 「BD oubliee」(忘れさられたベデ)の「Arzach dans Metal Hurlant」
21ページ、29ページの画像を見ることが出来ます。

● 「NETSTOF.dk」の『アルザック』のページ
47ページの画像を見ることが出来ます。

● 「LES ARCHIVES NUMERIQUES DU MAJOR GRUBERT」のなかの1ページ
メビウスの作品の画像が大量にアップされている驚異のサイト、
「LES ARCHIVES NUMERIQUES DU MAJOR GRUBERT」
(グラバート少佐のデジタル・アーカイブ)のなかの1ページです。
トップページ>
「Affiches Dessins Serigraphie」(ポスター、漫画、セリグラフ)>
「arzakLitho」(アルザックの化石)、
と階層をたどってください。
この画像は『アルザック』のアルバムには収められてはいません。

● ARZACH.
● Images of ARZACH
『アルザック』のトリビュート画集『ARZACH made in USA』所収の画像を
30枚前後見ることが出来ます。
メビウス本人の画像はごく一部ですが、
なんと大友克洋と宮崎駿によるアルザックの画像が
紹介されていたりします。




「LES ARCHIVES NUMERIQUES DU MAJOR GRUBERT」は、
「メビレンジャー」さんの掲示板で報告されているものです。
あわせてご参照ください。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2004-10-18 19:57 | メビウスを語る
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 「Metal Hurlant」... 「Blueberry」(ブルー... >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた