フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
訳注『メトロポリス』:フリッツ・ラングの『メトロポリス』
「メビウス、『メトロポリス』を語る」の訳注です。
他の関連記事については以下のインデックスを参照してください。
目次:メビウス、『メトロポリス』を語る


◆ フリッツ・ラングの『メトロポリス』
インタビュー原文を直訳とともに挙げておきます。

On voit bien que Métropolis, c’est une leçon aussi.
人々は『メトロポリス』も確かに観る。これも一つの教訓だ。

原文では単に「メトロポリス」(Métropolis)とされているのですが、
これは、ドイツの監督フリッツ・ラングが1927年に発表した
SFの古典的映画『メトロポリス』を指していると思います。
● ウィキペディア日内「メトロポリス (1927年の映画)」
● ラング版『メトロポリス』公式サイト
● 「goo映画」内「メトロポリス(1926)」

ラング版『メトロポリス』にはいくつかのバージョンがあるのですが、
ポピュラーなのは1927年版と1984年編集版のようです。
メビウスがどのバージョンを想定しているのかは分からないのですが、
1984年版はオリジナルとは別個の作品と称されているので、
1927年版を想定しておけば良いでしょう。
問題は2002年版なのですが、

 2001年 5月26日 りんたろう版『メトロポリス』日本公開
 2002年 6月 5日 りんたろう版『メトロポリス』フランス公開
 2002年 7月12日 ラング版『メトロポリス』再編集版がアメリカ公開
 2002年12月 5日 りんたろう版『メトロポリス』DVDがフランスで発売

というように、
りんたろう版『メトロポリス』の公開日程と微妙に前後していて、
インタビューの時点で
メビウスがラングの2002年版を観ているかどうかはっきりしません。
(メビウスのインタビューは
 りんたろう版のDVDがフランスで発売された際に
 特典として付けられているので、
 すくなくともそれまでには行われているはずです。
 インタビューの正確な日程は判明していません。)
● 「IMDB」内「Metropolis (1927)>release dates」
  *ラング版『メトロポリス』各バージョンの公開日程の一覧ページです。
● 同上内「Metoroporisu (2001)>release dates」
  *同様にりんたろう版『メトロポリス』のページです。
● アマゾン仏内『Metropolis - Edition Collector 2 DVD』
  *フランスで発売されたこのDVDの特典として、
  当該インタビューが収められています。
  DVDの発売日は「5 Déc 2002」(2002年12月5日)です。
ただし、メビウスは日本の「漫画」・アニメの熱心なファンで、
大友克洋とも個人的な付き合いがあるようなので、
もしかしたら日本やフランスでの公開に先駆けて
りんたろう版を観ている可能性があります。
その時点ではラング版2002年版は公開されていません。
● [記者会見記事の下訳のまとめ1:「宮崎駿―メビウス」展]
  *当時アメリカに住んでいたメビウスは、
  アメリカでの一般公開に先駆けて、
  海賊版の『風の谷のナウシカ』のビデオ
  (日本版のビデオにアメリカのファンが字幕を付けたもの)
  を観ていたようです。
● [宮崎駿とメビウスの対談]
  *宮崎駿とメビウスの対談のなかで、
  『となりのトトロ』のビデオを
  宮崎駿がメビウスに個人的に送ることを申し出ています。
● [メビウス&大友克洋対談記事:「OTOMOEBIUS」1>注6]
  *『スチームボーイ』もフランスでの公開に先駆けて観ているようです。
  このように、メビウスは
  一般公開に先駆けて日本のアニメ映画を観ることがあるようです。

ひとまずは1927年版を想定しておけば良いでしょう。

● アマゾン日内『メトロポリス』のページ
  *僕はこのDVDをレンタルで観ました。
  淀川長治総監修『世界クラシック名画100撰集』(3)、1927年版です。

りんたろう版『メトロポリス』が
ラング版『メトロポリス』を出典としていることは
説明するまでもないでしょう。
その意味も含めて、ラング版『メトロポリス』は必見です。
モノクロで音声も付いていない映画ですが、
そんなことは全く気になりません。
むしろそれこそが魅力になっています。
色や音に頼らずとも、
役者の表情やしぐさ、美術などが雄弁に語りかけてくるように
作られています。

りんたろう版が出典としている要素は多々あるので
いちいち挙げることは出来ませんが、
ここでは、
ヒロインのマリアが地下世界で
労働者たちにバベルの塔の講話を語る場面を取り上げたいと思います。
Today I will tell you the story of the Tower of Babel.
きょうはバベルの塔の話をします

Let us build a tower whose summit will touch the skies--
「天までとどく塔を建設しようではないか

--and on it we will inscribe :
'Great is the world and its Creator.
And great is Man.'
偉大なる世界と創造主 そして
偉大なる人間を記念するために」

Those who had conceived the idea of this tower
could not build it themselves,
so they hired thousands of others to build for them.
建設工事のために大勢の人が
土工として雇われました

But these toilers knew
nothing of the dreams of those who planned the tower.
しかし土工達は塔建設の立案者の理想には無知でした

While those who had conceived the tower
did not concern themselves with the worker who built it.
一方、立案者たちには
現場土工達への思いやりがありませんでした

The hyms of praise of the few
became the curses of the many.
少数者の喜びは多数者にとって呪いでした

BABEL
バベル

Between the brain that plans
and the hands that build there must be a mediator.
計画立案者と現場の労働者の間には調停者が必要でした

It is the heart
that must bring about an understanding between them.
たがいの理解のための心が必要だったのです
[上記DVDより。訳はDVDの字幕に拠り、表記を改めた箇所がある]


この映画が、
労働者を善とし資本家を悪と決め付けるような、
共産主義にありがちな陳腐で一方的な構図にはおさまらないことを
物語っています。
メビウスがりんたろう版『メトロポリス』のテーマを
「le cœur」(「心」、英語の「heart」に相当)としていることと併せて、
非常に重要な場面だと思います。




目次:メビウス、『メトロポリス』を語る
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-11-15 20:40 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< 訳注『メトロポリス』:チェ・ゲバラ 補足資料『メトロポリス』:作中時間表 >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた