フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
返信が遅れてすいません
荒木割りの分析を読んでいただきありがとうございます。
サイトにアップしたての頃はほとんど反応がなかったので、
「やっぱ長すぎたかなぁー、
 内容も複雑だし、
 あーいうのって誰にも読んでもらえないのかも……」
などと隅っこの方でイジけていたので、
ここに来て急に多くの方に読んで貰えるようになって本当にうれしいです。


頂いたご連絡への返信です。
遅れてしまってすいませんでした。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4]のコメント欄参照。


>ばいおさん、showwayさん
僕の書き方が悪かったのですが、
そういう誤解を受けるかもしれないなぁ~と
ずっと気になっていました。
良い機会なのでちょっと付け足してみました。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記]を読んでもらえると助かります。

 君がッ 読むまで
 殴るのをやめないッ!


>ほふほふさん
……いや、その、えーと、……飛躍のしすぎだと思います。はい。

「フレスコ画の事か?」
「知ってんだよオオォォッ!! 
 国語の教師か うう…うう… うおお おっ おっ
 オメーはよォォォォ」


>novkovさん
出た。あれですか、いま「画角」が来てるんですか。
そんなに「画角」って魅力的なんですか。
みんな「画角」に夢中ですか。
え? ぼく?
し、しし、知ってますよぉー、画角、画角、
いやぁ~画角っていいですよねー、
や、焼いて食べると美味しいですよ、ねぇ~、ははっ。

 管理人は…
 管理人は 本当はまじめに答えようとしているのかもしれない…
 それも… 街のゴロツキ相手ならいい…
 しかし! この訪問者に対しては完全にういてしまっている
 遠吠えする負け犬のように
 悲しいほどこっけいに見えるッ!


>泥坊主さん
やばい……、適当に数えたのがバレる……。

 フン! くだらんな~~~~
 荒木割りの正確な数なんてな~~~~~~っ
 この管理人の目的はあくまでも「おおまか」!
 あくまでも「てきと~」にやること!!
 学者のような研究者になるつもりもなければ
 評論家でもない……
 どんな手をつかおうが…………最終的に…
 
 面白ければよかろうなのだァァァァッ!!



>ドブチさん
おお! ありがとうございます。
じつは荒木飛呂彦のインタビュー類は
ほとんどまったくチェックしていないので、
問題のインタビューもまったく知りませんでした。
(さらにじつは、
 『ジョジョ』も全巻そろえていなかったりして……)
こんど図書館に行ってバックナンバーをチェックします。

くわしくは[荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記]を
参照していただきたいのですが、
今回の分析については、
そもそも作者の意図は関係ないと考えています。

また、じつは丸ゴマについても分析したいと考えていて、
アイデア自体はあるのですが、
文章にまとめるまでには至っていません。
まだ詳しくはいえないのですが、
「見えない角度にいる人物の表情を説明するのに使う」というのは、
丸ゴマが孕(はら)んでいる可能性のごく一部でしかない、
というのが僕の考えです。

さらに、
オノマトペの「ゴゴゴ」とか(いま用例を採っているところです)、
第六部の時が一巡するネタだとか、
見開きページぶち抜きのコマの更なる可能性とか、
カメラ位置の分析だとか、
日本の「漫画」とメビウスのベデの比較とか、
もぉー、とにかくアイデアだけはたくさんたくさん有るのですが、
文章にまとめる時間がとれなくて悔しい思いをずっとしています。

みなさんに褒めていただけること自体は非常に嬉しいのですが、
じつは結構だましだまし書いた考察なので、
こういったツッコミは本当にありがたいです。
今回いただいたコメント類のなかでもっとも嬉しいものでした。
ともあれインタビューはチェックせねば。
(『ジョジョ』も全巻そろえねば)

 ドブに捨ててあったブチ猫さんッ!
 あなたの命がけの行動ッ!
 ぼくは敬意を表するッ!


>おしんさん
人生を狂わされたクチと見た。

 「次のおまえのセリフは
  『なんで人生のことがわかったんだこの野郎!』という!」
 「なんで人生のことがわかったんだこの野郎! ハッ!」


>ばばさん
興味深いご指摘ありがとうございます。
じつは荒木割りの確認は第五部までしかやっていません。
第六部以降は単行本を持っていないんです。
さっそくSBR第1巻を買ってきました。
たしかにご指摘のとおり、
8p(#1見開き扉絵の次ページ)と
39p(#1スティールの・ボール・ランの記者会見の開始場面)
(微妙な例として89p - #2最終ページ)
以外に荒木割りは無いようです。

ひとまず思いついた説明としては以下の二つです。

1, 統合/拡大ルールによって判別が困難になったから
統合/拡大ルールよって外線がページの端をはみ出てしまうと、
ななめルールと荒木割りの判別が付かなくなってしまいます。
SBRはこういった例が非常に多いように思います。
ほとんどのコマが基準線をはみ出てしまっているため、
ページ数がほとんど振られていません。
(ページ数が振られているのは121pのみ)
“ページ全体が傾く”効果があがっている例は結構あるように思いますが、
(84~85p - スリが自分に拳銃を向ける場面、
 152~153p - #4最終ページ、
 173p - アブドゥルがジャイロに二度目の体当たりをする場面、
 174~175p - ジャイロが馬上から鉄球を投げる場面、など)
前述のとおり外線がないので判別がつきません。
ページ全体が傾く効果があがっているか否かは主観的な判断を免れないので、
他人に検証可能なかたちで分析するためには
あくまで外線の性質に拠らなければなりません。
(第五部以前も、同様の例は荒木割りとしてはカウントしていません)
判別不能な例が多いため、
見かけ上の荒木割り数が減ってしまっているのかも知れません。

2, 時の一巡によってシリーズが一旦リセットされているから
第六部の最後で作中時間が一巡し、
SBRではシリーズが一旦リセットされています。
このことと荒木割りの減少が関係しているのかも知れません。
統合/拡大ルールによる荒木割りの判別不能化以前に、
全体的に定型的なコマ割りが多いように思います。
作者が意図しているのかどうかは分かりませんが、
この“シリーズのリセット”が、
“コマ割りのリセット”としても働いているのかも知れません。
ただし、このことを説得的な分析として述べるためには、
そもそも時の一巡ネタとは何なのかを分析する必要があります。
上記のドブチさんへの返信でも触れたとおり、
じつはこの問題についてもアイデアだけは思いついているのですが、
残念ながら文章にまとめるまでには至っていません。

1はそもそも検証不能なアイデアなので、やはり2でしょうが、
いずれにしろ、少なくともSBRが完結するまでは何も言えない、
というのが現状です。
ともあれ、ご指摘自体は本当に助かりました。

 こんなもんで
 あぁ~~イイッすかねェェェェェーー~ と


>俺の名は(ryさん
あー、いや、じつは「ペイジ」は単に表記のゆれです。 ビン
好きな作家がそういう書き方をするので引きずられました。 ビン
書いてから「しまったなぁ~」と思っていました。 ビビン

 管理人になど
 誇りある我が名を
 教える必要なし! パバァーーッ


あと、荒木飛呂彦のファンの方には
次の記事も楽しんで貰えるのではと思います。
エンキ・ビラルと荒木飛呂彦 ~リトル・フィートは誰がつくったか?


┏━┓
┃め┃「メビウス・ラビリンス」管理人
┗━┛
サイトの更新自体は停止してしまっているので、
ご連絡をいただいても返信できないかもしれません。
(ごめんなさい)
あらかじめご了承ください。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-05-20 08:11 | - 番外篇 -
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

<< ちぇちぇちぇちぇ、ちぇけら! 荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記 >>
カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた