フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
カテゴリ:- 番外篇 -( 12 )
メモ:荒木割り数の訂正
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4]での
荒木割り数の測定値に誤りがあったので訂正します。


◆ 荒木割り数の訂正
訂正する箇所を赤字で示します。

001~005 0/102 微妙な例が1例ある(DIOの棺桶)
006~010 0/97
011~015 0/100
016~0201/96 微妙な例が1例と最初の例("力"のスタンド)がある
021~0251/95 ディオをテレビで透視する場面に1例
026~0301/95 黄の節制に1例
031~0354/99 吊られた男に3例、女帝に1例
036~040 0/95
041~045 0/97
046~050 0/95
051~0554/97 太陽に3例、死神13に1例
056~0602/98 死神13に2例
061~0658/97 審判に8
066~070■■■24/95 女教皇21例、愚者3例、ジョジョがエジプトに上陸
071~0757/96 愚者に7
076~0805/98 「クヌム神」に2例、「アヌビス神」に3
081~08510/96 「アヌビス神」に10
086~0906/95 「バステト女神」に6
091~09514/99 「バステト女神」に1例、「セト神」に13
096~1007/97 「セト神」に3例、DIOを撃つ!?に2例、ダービー(兄)に2例
101~10510/97 ダービー(兄)に5例、ホル・ホースとボインゴに5
106~110■■13/97 ホル・ホース6例、ペット・ショップ7例、DIOの館登場
111~115■■15/99 ペット・ショップに11例、ダービー(弟)に4
116~1207/98 ダービー(弟)に7
121~1259/97 ダービー(弟)に7例、ヴァニラ・アイスに2例
126~130■■21/97 ヴァニラ・アイスに21
131~135■■■■34/98 ヴァニラ13例、スージー3例、DIO18例、DIO登場
136~140■■■■■■■62/97 DIOに62例
141~145■■■■■■62/97 DIOに62
146~150■■■■■46/98 DIOに46
151,15210/39 DIOに7例、遥かなる旅路に3例
合計383/2953

上記の訂正にあわせて
関連する他の箇所(たとえば、総ページ数に対する荒木割り数の割合など)や
誤字脱字などにも訂正を入れ、表現を若干改めた箇所がありますが、
論旨に影響はありません。


◆ 微妙な例の判定
どうしても微妙な例は出て来てしまうので、
荒木割りの判定の仕方によっては細かな数値に異同があると思います。
ただし、微妙な例の数自体は少ないので、
これらの例の判定の仕方を変えたとしても論旨に影響はありません。

参考までに、僕が最後まで判定に迷った例を挙げておきます。
文『ジョジョ』第11巻224ページ
この例は荒木割りではないと思います。
第1コマ目の上の枠線がななめに割られているように見えますが、
この枠線は外線ではなく内線と判断しました。
エピソードの表題が第1コマの上の枠外に置かれていますし、
死神の姿をしたキャラクターが持っている鎌も
ちょうど基準線に当たる部分で切られています。
つまり、
ここには枠線を消した実質的な第1コマ目が想定されていて、
先に第1コマ目と見做したコマは実は第2コマ目なのではないでしょうか。
一見外線に見える問題の枠線も、
じつは第1コマ目(枠線が消されている)と第2コマ目の間に位置する
内線ではないかと思うのです。

ただし、上述のとおり、
この例を荒木割りと判定しても、
(考え方によっては十分可能だと思います)
論旨に影響はありません。


◆ 訂正前の本文の保存
念のために訂正前の本文を転載しておきます。
今回訂正したのは、第5章
「『ジョジョ』第三部のもう一つの戦い - 基準線と荒木割りのせめぎあい」
のみです。
訂正を入れた部分のみ転載しておきます。

 ◆ 訂正前の本文
本題です。
第三部の総ペイジ数に対する荒木割りの比率を算出してみました
第三部の総ペイジ数は2955ペイジ、総エピソード数は152です。
1エピソードは平均約20ペイジなので、
5エピソードごとにまとめて(合計平均約100ペイジ)、
荒木割りを含むペイジの数を数えてあります。
荒木割りペイジの数が、ほぼパーセンテージに相当するわけです。

エピソード数とエピソードのタイトルの対応は以下の通りです。
001 悪霊にとりつかれた男の巻
002~010 炎の魔術師の巻~奇虫襲撃!の巻き
011~013 銀の戦車 その1~3
014~016 暗青の月 その1~3
017~019 力 その1~3
020~022 悪魔 その1~3
023~026 黄の節制 その1~4
027~032 皇帝と吊られた男 その1~6
033~036 女帝 その1~4
037~040 運命の車輪 その1~4
041~046 正義 その1~6
047~052 恋人 その1~6
053~054 太陽 その1~2
055~060 死神13 その1~6
061~065 審判 その1~5
066~069 女教皇 その1~4
070~075 「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その1~6
076~079 「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ その1~4
080~085 「アヌビス神」その1~6
086~091 「バステト女神」のマライア その1~6
092~096 「セト神」のアレッシー その1~5
097 DIOを撃つ!?
098~103 ダービー・ザ・ギャンブラー その1~6
104~108 ホル・ホースとボインゴ その1~5
109~113 地獄の門番ペット・ショップ その1~5
114~124 ダービー・ザ・プレイヤー その1~11
125~132 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1~8
133 スージー・Q・ジョースター 娘に会いにくる
134~151 DIOの世界 その1~18
152 遥かなる旅路 さらば友よ

エピソード数・グラフ(一つが10ペイジ分に相当)
・荒木割りペイジ数/総ペイジ数・備考
の順に示します。
001~005 0/102 微妙な例が1例ある(DIOの棺桶)
006~010 0/97
011~015 0/100
016~0201/96 微妙な例が1例と最初の例("力"のスタンド)がある
021~0251/95 ディオをテレビで透視する場面に1例
026~030 0/95
031~0354/99 吊られた男に3例、女帝に1例
036~040 0/96
041~045 0/97
046~050 0/95
051~0554/97 太陽に3例、死神13に1例
056~0602/98 死神13に2例
061~0657/97 審判に7例
066~070■■■23/95 女教皇20例、愚者3例、ジョジョがエジプトに上陸
071~0758/96 愚者に8例
076~0805/98 「クヌム神」に1例、「アヌビス神」に4例
081~0859/96 「アヌビス神」に9例
086~0905/95 「バステト女神」に5例
091~09510/99 「バステト女神」に1例、「セト神」に9例
096~1007/97 「セト神」に3例、DIOを撃つ!?に2例、ダービー(兄)に2例
101~1058/97 ダービー(兄)に5例、ホル・ホースとボインゴに3例
106~110■■13/97 ホル・ホース6例、ペット・ショップ7例、DIOの館登場
111~115■■12/99 ペット・ショップに10例、ダービー(弟)に2例
116~1206/98 ダービー(弟)に6例
121~1259/97 ダービー(弟)に7例、ヴァニラ・アイスに2例
126~130■■15/97 ヴァニラ・アイスに15例
131~135■■■■34/98 ヴァニラ13例、スージー3例、DIO18例、DIO登場
136~140■■■■■■■62/97 DIOに62例
141~145■■■■■■60/97 DIOに60例
146~150■■■■■42/99 DIOに42例
151,15210/39 DIOに7例、遥かなる旅路に3例
合計357/2955

微妙な例があるので細かい数字には異同があるかも知れませんが、
おおまかな流れが分かれば良いのでひとまずは上記の計測で充分でしょう。
荒木割りペイジ数は合計357ペイジでした。
総ペイジ数は2955ペイジ、
荒木割りの比率は約12パーセント(357/2955*100≒12.08)です。
1エピソード(平均約20ペイジ)あたりの平均荒木割りペイジ数は2.4ペイジです。

上のグラフを見てもらえば分かるように
終局に近づくにつれて荒木割りの数が多くなっていますが、
ここで注目されるのは、
徐々に数が多くなっているわけではなくて、
急に数が多くなる時点がある、という点です。
あきらかに、
敵役のディオの登場にあわせて荒木割りの数が急増しています
各エピソードあたりの平均荒木割りペイジ数を示してみます。

 097 DIOを撃つ!?……………………………………………………2.0ペイジ
 098~103 ダービー・ザ・ギャンブラー その1~6…………平均1.1ペイジ
 104~108 ホル・ホースとボインゴ その1~5………………平均1.8ペイジ
 109~113 地獄の門番ペット・ショップ その1~5…………平均3.4ペイジ
 114~124 ダービー・ザ・プレイヤー その1~11 …………平均1.3ペイジ
 125~132 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1~8………平均3.5ペイジ
 133 スージー・Q・ジョースター 娘に会いにくる……………3.0ペイジ
 134~151 DIOの世界 その1~18………………………………平均10.5ペイジ
 152 遥かなる旅路 さらば友よ …………………………………3.0ペイジ

他のエピソードが平均3ペイジ台以下であるのに対し、
「DIOの世界 その1~18」の平均10.5ペイジだけが突出しています。
「DIOの世界 その1~18」の総荒木割りペイジ数は189ペイジですから、
全152エピソードの内のこの18エピソードだけで
全体の約半数の荒木割りが現れていることになります。
(189/357*100≒52.9)
第三部においてはまさに、
荒木割りはディオであり、ディオは荒木割りであるのです。

 ◆ 訂正後の本文
本題です。
第三部の総ペイジ数に対する荒木割りの比率を算出してみました
第三部の総ペイジ数は2953ペイジ、総エピソード数は152です。
1エピソードは平均約20ペイジなので、
5エピソードごとにまとめて(合計平均約100ペイジ)、
荒木割りを含むペイジの数を数えてあります。
荒木割りペイジの数が、ほぼパーセンテージに相当するわけです。

エピソード数・グラフ(一つが10ペイジ分に相当)
・荒木割りペイジ数/総ペイジ数・備考
の順に示します。
001~005 0/102 微妙な例が1例ある(DIOの棺桶)
006~010 0/97
011~015 0/100
016~0201/96 微妙な例が1例と最初の例("力"のスタンド)がある
021~0251/95 ディオをテレビで透視する場面に1例
026~0301/95 黄の節制に1例
031~0354/99 吊られた男に3例、女帝に1例
036~040 0/95
041~045 0/97
046~050 0/95
051~0554/97 太陽に3例、死神13に1例
056~0602/98 死神13に2例
061~0658/97 審判に8例
066~070■■■24/95 女教皇21例、愚者3例、主人公がエジプトに上陸
071~0757/96 愚者に7例
076~0805/98 「クヌム神」に2例、「アヌビス神」に3例
081~08510/96 「アヌビス神」に10例
086~0906/95 「バステト女神」に6例
091~095■■14/99 「バステト女神」に1例、「セト神」に13例
096~1007/97 「セト神」に3例、DIOを撃つ!?に2例、ダービー(兄)に2例
101~10510/97 ダービー(兄)に5例、ホル・ホースとボインゴに5例
106~110■■13/97 ホル・ホース6例、ペット・ショップ7例、ディオの館登場
111~115■■15/99 ペット・ショップに11例、ダービー(弟)に4例
116~1207/98 ダービー(弟)に7例
121~1259/97 ダービー(弟)に7例、ヴァニラ・アイスに2例
126~130■■■21/97 ヴァニラ・アイスに21例
131~135■■■■34/98 ヴァニラ13例、スージー3例、DIO18例、ディオ登場
136~140■■■■■■■62/97 DIOに62例
141~145■■■■■■■62/97 DIOに62例
146~150■■■■■46/98 DIOに46例
151_15210/39 DIOに7例、遥かなる旅路に3例
合計383/2953

微妙な例があるので細かい数字には異同があるかも知れませんが、
おおまかな流れが分かれば良いのでひとまずは上記の計測で充分でしょう。
荒木割りペイジ数は合計383ペイジでした。
総ペイジ数は2953ペイジ、
荒木割りの比率は約13パーセント(100*383/2953≒12.9)です。
1エピソード(平均約20ペイジ)あたりの平均荒木割りペイジ数は2.6ペイジです。

上のグラフを見てもらえば分かるように
終局に近づくにつれて荒木割りの数が多くなっていますが、
ここで注目されるのは、
徐々に数が多くなっているわけではなくて、
急に数が多くなる時点がある、という点です。
あきらかに、
敵役のディオの登場にあわせて荒木割りの数が急増しています
各エピソードごとに平均荒木割りペイジ数を示してみます。

エピソード数・グラフ(一つが1ページ分に相当)
・平均荒木割りページ数・エピソードのタイトル
の順に示します。
001____ 0.0 悪霊にとりつかれた男
002~010 0.0 炎の魔術師の巻~奇虫襲撃!
011~013 0.0 銀の戦車
014~016 0.0 暗青の月
017~0190.3 力
020~022 0.0 悪魔
023~0260.5 黄の節制
027~0320.5 皇帝と吊られた男
033~0360.3 女帝
037~040 0.0 運命の車輪
041~046 0.0 正義
047~052 0.0 恋人
053~054◆◆1.5 太陽
055~0600.5 死神13
061~065◆◆1.6 審判
066~069◆◆◆◆◆◆5.3 女教皇
070~075◆◆1.7 「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール
076~0790.5 「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ
080~085◆◆◆2.2 「アヌビス神」
086~091◆◆1.2 「バステト女神」のマライア
092~096◆◆◆◆3.2 「セト神」のアレッシー
097____◆◆2.0 DIOを撃つ!?
098~103◆◆1.2 ダービー・ザ・ギャンブラー
104~108◆◆◆2.2 ホル・ホースとボインゴ
109~113◆◆◆◆3.6 地獄の門番ペット・ショップ
114~124◆◆1.6 ダービー・ザ・プレイヤー
125~132◆◆◆◆◆4.5 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス
133____◆◆◆3.0 スージー・Q・ジョースター 娘に会いにくる
134~151◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆10.8 DIOの世界
152____◆◆◆3.0 遥かなる旅路 さらば友よ

他のエピソードがおおむね平均3~4ペイジ台以下であるのに対し、
「DIOの世界」の平均10.8ペイジだけが突出しています。
二番目に多い「女教皇」の平均5.3ページと比べても約2倍あります。
「DIOの世界」の総荒木割りペイジ数は195ペイジですから、
全152エピソードの内のこの18エピソードだけで
全体の約半数の荒木割りが現れていることになります。
(100*195/383≒50.91)
第三部においてはまさに、
荒木割りはディオであり、ディオは荒木割りであるのです。









《個人的なメモ》
訂正に使った赤色は
韓紅 からくれない #e95464
太字<b>は使わず。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-12-15 15:38 | - 番外篇 -
返信が遅れてすいません
荒木割りの分析を読んでいただきありがとうございます。
サイトにアップしたての頃はほとんど反応がなかったので、
「やっぱ長すぎたかなぁー、
 内容も複雑だし、
 あーいうのって誰にも読んでもらえないのかも……」
などと隅っこの方でイジけていたので、
ここに来て急に多くの方に読んで貰えるようになって本当にうれしいです。


頂いたご連絡への返信です。
遅れてしまってすいませんでした。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4]のコメント欄参照。


>ばいおさん、showwayさん
僕の書き方が悪かったのですが、
そういう誤解を受けるかもしれないなぁ~と
ずっと気になっていました。
良い機会なのでちょっと付け足してみました。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記]を読んでもらえると助かります。

 君がッ 読むまで
 殴るのをやめないッ!


>ほふほふさん
……いや、その、えーと、……飛躍のしすぎだと思います。はい。

「フレスコ画の事か?」
「知ってんだよオオォォッ!! 
 国語の教師か うう…うう… うおお おっ おっ
 オメーはよォォォォ」


>novkovさん
出た。あれですか、いま「画角」が来てるんですか。
そんなに「画角」って魅力的なんですか。
みんな「画角」に夢中ですか。
え? ぼく?
し、しし、知ってますよぉー、画角、画角、
いやぁ~画角っていいですよねー、
や、焼いて食べると美味しいですよ、ねぇ~、ははっ。

 管理人は…
 管理人は 本当はまじめに答えようとしているのかもしれない…
 それも… 街のゴロツキ相手ならいい…
 しかし! この訪問者に対しては完全にういてしまっている
 遠吠えする負け犬のように
 悲しいほどこっけいに見えるッ!


>泥坊主さん
やばい……、適当に数えたのがバレる……。

 フン! くだらんな~~~~
 荒木割りの正確な数なんてな~~~~~~っ
 この管理人の目的はあくまでも「おおまか」!
 あくまでも「てきと~」にやること!!
 学者のような研究者になるつもりもなければ
 評論家でもない……
 どんな手をつかおうが…………最終的に…
 
 面白ければよかろうなのだァァァァッ!!



>ドブチさん
おお! ありがとうございます。
じつは荒木飛呂彦のインタビュー類は
ほとんどまったくチェックしていないので、
問題のインタビューもまったく知りませんでした。
(さらにじつは、
 『ジョジョ』も全巻そろえていなかったりして……)
こんど図書館に行ってバックナンバーをチェックします。

くわしくは[荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記]を
参照していただきたいのですが、
今回の分析については、
そもそも作者の意図は関係ないと考えています。

また、じつは丸ゴマについても分析したいと考えていて、
アイデア自体はあるのですが、
文章にまとめるまでには至っていません。
まだ詳しくはいえないのですが、
「見えない角度にいる人物の表情を説明するのに使う」というのは、
丸ゴマが孕(はら)んでいる可能性のごく一部でしかない、
というのが僕の考えです。

さらに、
オノマトペの「ゴゴゴ」とか(いま用例を採っているところです)、
第六部の時が一巡するネタだとか、
見開きページぶち抜きのコマの更なる可能性とか、
カメラ位置の分析だとか、
日本の「漫画」とメビウスのベデの比較とか、
もぉー、とにかくアイデアだけはたくさんたくさん有るのですが、
文章にまとめる時間がとれなくて悔しい思いをずっとしています。

みなさんに褒めていただけること自体は非常に嬉しいのですが、
じつは結構だましだまし書いた考察なので、
こういったツッコミは本当にありがたいです。
今回いただいたコメント類のなかでもっとも嬉しいものでした。
ともあれインタビューはチェックせねば。
(『ジョジョ』も全巻そろえねば)

 ドブに捨ててあったブチ猫さんッ!
 あなたの命がけの行動ッ!
 ぼくは敬意を表するッ!


>おしんさん
人生を狂わされたクチと見た。

 「次のおまえのセリフは
  『なんで人生のことがわかったんだこの野郎!』という!」
 「なんで人生のことがわかったんだこの野郎! ハッ!」


>ばばさん
興味深いご指摘ありがとうございます。
じつは荒木割りの確認は第五部までしかやっていません。
第六部以降は単行本を持っていないんです。
さっそくSBR第1巻を買ってきました。
たしかにご指摘のとおり、
8p(#1見開き扉絵の次ページ)と
39p(#1スティールの・ボール・ランの記者会見の開始場面)
(微妙な例として89p - #2最終ページ)
以外に荒木割りは無いようです。

ひとまず思いついた説明としては以下の二つです。

1, 統合/拡大ルールによって判別が困難になったから
統合/拡大ルールよって外線がページの端をはみ出てしまうと、
ななめルールと荒木割りの判別が付かなくなってしまいます。
SBRはこういった例が非常に多いように思います。
ほとんどのコマが基準線をはみ出てしまっているため、
ページ数がほとんど振られていません。
(ページ数が振られているのは121pのみ)
“ページ全体が傾く”効果があがっている例は結構あるように思いますが、
(84~85p - スリが自分に拳銃を向ける場面、
 152~153p - #4最終ページ、
 173p - アブドゥルがジャイロに二度目の体当たりをする場面、
 174~175p - ジャイロが馬上から鉄球を投げる場面、など)
前述のとおり外線がないので判別がつきません。
ページ全体が傾く効果があがっているか否かは主観的な判断を免れないので、
他人に検証可能なかたちで分析するためには
あくまで外線の性質に拠らなければなりません。
(第五部以前も、同様の例は荒木割りとしてはカウントしていません)
判別不能な例が多いため、
見かけ上の荒木割り数が減ってしまっているのかも知れません。

2, 時の一巡によってシリーズが一旦リセットされているから
第六部の最後で作中時間が一巡し、
SBRではシリーズが一旦リセットされています。
このことと荒木割りの減少が関係しているのかも知れません。
統合/拡大ルールによる荒木割りの判別不能化以前に、
全体的に定型的なコマ割りが多いように思います。
作者が意図しているのかどうかは分かりませんが、
この“シリーズのリセット”が、
“コマ割りのリセット”としても働いているのかも知れません。
ただし、このことを説得的な分析として述べるためには、
そもそも時の一巡ネタとは何なのかを分析する必要があります。
上記のドブチさんへの返信でも触れたとおり、
じつはこの問題についてもアイデアだけは思いついているのですが、
残念ながら文章にまとめるまでには至っていません。

1はそもそも検証不能なアイデアなので、やはり2でしょうが、
いずれにしろ、少なくともSBRが完結するまでは何も言えない、
というのが現状です。
ともあれ、ご指摘自体は本当に助かりました。

 こんなもんで
 あぁ~~イイッすかねェェェェェーー~ と


>俺の名は(ryさん
あー、いや、じつは「ペイジ」は単に表記のゆれです。 ビン
好きな作家がそういう書き方をするので引きずられました。 ビン
書いてから「しまったなぁ~」と思っていました。 ビビン

 管理人になど
 誇りある我が名を
 教える必要なし! パバァーーッ


あと、荒木飛呂彦のファンの方には
次の記事も楽しんで貰えるのではと思います。
エンキ・ビラルと荒木飛呂彦 ~リトル・フィートは誰がつくったか?


┏━┓
┃め┃「メビウス・ラビリンス」管理人
┗━┛
サイトの更新自体は停止してしまっているので、
ご連絡をいただいても返信できないかもしれません。
(ごめんなさい)
あらかじめご了承ください。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-05-20 08:11 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記
荒木飛呂彦のコマ割りの原理]の追記です。
作者の意図は関係ない、ということを確認します。

 ◆ 作者の意図は関係ありません
僕の書き方が悪かったのですが、
誤解を避けるために付け加えておきたいことがあります。

荒木割りに関する僕の分析結果は、
荒木飛呂彦本人が意図しているものではない
と思っています。
もしかしたら「ページ全体を傾ける」という方法論自体は
自覚しているのかも知れませんが、
少なくとも初期の例では、
無意識のうちに荒木割りが試みられているはずです。
意図的にやっているにしては微妙な例が多すぎますし、
第三部における荒木割り数の分布にもムラがありすぎます。
おそらくは“斜めルール”の極端な例として
自然発生的に荒木割りが現われるようになって、
それが多用されるうちに、
しっかりとした方法論の自覚のないまま定着していった
のではないでしょうか。

その4]コメント欄でのドブチさんのご指摘についても同様です。
(ご指摘自体は非常に助かりました。ありがとうございます)
荒木飛呂彦本人がどう考えているかは根拠にはならない
僕は考えています。
じつは、
「絵のカタチにあわせてコマを変形させてる」というアイデア自体は、
分析を始めたばかりのころに僕も思いついていたものなのです。
しかし、その原理では荒木割りを説明しきれません
単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ
人物の傾きの方向とコマの傾きの方向の関係に注目してください。
28ページ1コマ目では、人物がコマの対角線にほぼ重なっています。
コマもその対角線に沿って
右斜め上に向けて引っぱられたように変形しています。
(人物の傾きの方向とコマが引っぱられる方向が同じ)
しかし28ページ最終コマはどうでしょうか。
人物は左に向けて傾いているにも関わらず、
コマは左下に向けて引っぱられています。
(人物の傾きの方向とコマが引っぱられる方向が直交している)
28ページ2コマ目の上の枠線が左肩上がりに割られているのは、
二人の身長差を反映しているのでしょうか。
しかしもしそうだとしたら、30ページ3コマ目で、
遠近法の関係で見かけ上の二人の身長が同じになっているにも関わらず、
上の枠線が右肩上がりに割られているのは何故なのでしょうか。
さらに、ドブチさんも指摘してくれたように、
1ページぶち抜きのコマになると問題は決定的です。
文『ジョジョ』第17巻60~61ペイジ
左右のページで絵がほとんど同じであるにも関わらず、
コマの形は左右対称になっています。
さらに多くの例を分析してみると分かるのですが、
「絵のカタチ」に対するコマの向きのバリエーションが
あまりにも多すぎて

ぼくは結局、
絵とコマとは関係ない、という結論を出さざるを得ませんでした。
(その次に僕が思いついたアイデアは
 「効果線のような効果をねらったコマ割り」だったのですが、
 これも荒木割りの分析には適用できませんでした。
 手塚治虫がそのようなコマ割りを使っていると思います)

作家がつねに自分の方法について自覚的であるとは限りません
とくに、革新的な技法というものは、
むしろ無意識のうちに実行されるものなんじゃないでしょうか。
未開の領域を手探りで進むからこそ革新的な技法になり得るわけだし、
だからこそ作家は、みずからの方法を十分に理論化できない、
と僕は思うのです。
結局、
荒木飛呂彦は自らの言葉どおりに漫画を描いているわけではなくて、
そもそも作家本人にいくら訊いてみても創作の秘密は明かされえない、
というのが僕の考えです。
むしろ、
作家が無意識のうちにやっていることを明確化したい、
作家が自ら語る以上に面白く作品を読んでみたい、
作家が思いも付かなかったような新しい可能性を
作品から引き出してみたい

というのが僕の願いです。

 ◆ 『カリガリ博士』は単に形が似ているだけです
もしかしたら荒木割りのお手本にした先行例があるのかも知れませんが、
僕は見つけることが出来ていません

僕なりに色々と調べてはみたのですが、
形が似ている例として『カリガリ博士』を挙げ得たのみです。
ウィキペディア日によると荒木飛呂彦は映画好きだとあるので、
● ウィキペディア日内「荒木飛呂彦>人物」
有名な古典映画である『カリガリ博士』を知らないはずがありませんが、
『カリガリ博士』のアイリスショットが
荒木割りの直接のヒントになっているわけではないでしょう


 ◆ 『第三の男』は絵が傾いている例です
● はてなブックマーク > メビウス・ラビリンス : 荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - あなたは今どんな姿勢でモニターを見ているのか?
halfstory 映画で言うと、『第三の男』みたいな斜め構図も近いかも。

うをー、それそれ!
興味深いご意見ありがとうございます。
確かにそうなんですよね、
観客の平衡感覚を狂わせる働きをする、という点では
『第三の男』の斜め構図も同様だと思うのです。
ただ、あれは「絵が傾いている例」だと判断しました
微妙な差で、判定もむずかしいのですが、
あれは枠ではなく絵が傾いている例だと思うのです。
([その4]掲載の「絵を傾けるか枠を傾けるか」という画像を
 参照してもらえると助かります。あと、この下の「補足説明」も)
たしかに、撮影している段階ではカメラを傾けているはずなんですが、
出来上がった映画をスクリーンで観る段階では、
傾いているのはあくまで絵なのであって、
スクリーンではないはずです。
絵はそのままで枠だけ傾けるのが荒木割りで、
枠はそのままで絵だけが傾いているのが『第三の男』です

荒木割りは絵を傾ける必要がないからこそ、
あそこまで多用できるコマ割りになり得たわけです。
何はともあれ、ご意見自体は非常に助かりました。
 *『第三の男』を知らない人のための注:
 『第三の男』は非常に有名な古典映画です。
 わざとカメラを斜めにした構図を多用している映画でもあります。
 ● ウィキペディア日内「第三の男」
 ● 「週刊シネママガジン」内「フィルムロジック>Chapter 15 構図」
   僕が「枠はそのままで絵だけが傾いている」と分析した場面の画像が
   挙げられています。
   リンク先では「映像のフレームが傾いている」とされていますが、
   これは用語法が僕のものと違うだけで、
   僕の分析手順に従うなら、
   あくまで「絵だけが傾いている」例として分析されるはずです。

 ◆ 補足説明:絵と枠の傾きに関する五つの類型
“絵”と“枠”の二つの要素をそれぞれ別個に傾けることが出来る
“絵”と“枠”
この二つの要素の傾き加減の組み合わせによって、
つぎの五つのタイプが生まれる。
1 絵も枠も傾けない(普通のコマ割り、普通の絵画など)
絵も枠も傾けない
2 絵だけを傾ける(『第三の男』)
絵だけを傾ける
3 枠だけを傾ける(荒木割り、『カリガリ博士』)
枠だけを傾ける
4 絵も枠も傾ける(傾けて掛けられた絵画など)
絵も枠も傾ける
5 絵と枠の傾き加減が違う(該当例思い当たらず)
絵と枠の傾き加減が違う
荒木割りの分析だけなら1~3のタイプだけを考えればよい。
2と3は、垂直方向の違いを考慮しないなら同じものと見なすことが出来る。
(上記の画像例も、2を右に15度傾けると3と一致するように作ってある)
観客(読者)の平行感覚を狂わせる働きをするという点も同じである。
ただし、垂直方向の違いを考慮するなら2と3はあくまで違う例だし、
この違いを考慮しないと、
荒木割りとその他のコマ割りの区別が付けられなくなる


実際には4や5に該当する例も見られるが、
(上記の単『ジョジョ』第30巻28ページ1コマ目は4、
 28ページ最終コマは5に該当する)
これらは「枠を傾ける」という性質で一括して、
すべて荒木割りに分類すれば良いだろう。
荒木割りの本質的はあくまで「枠を傾ける」だからである。
絵と枠との関係は考慮する必要がない。
その結果、
1,2(普通のコマ割り)と3,4,5(荒木割り)の二種類を分類するだけで済む
「絵のカタチにあわせてコマを変形させてる」
という原理で説明しようとすると、
上記1~5をすべて異なる例として分類しなければならず、
分類が必要以上に煩雑になってしまう。
b0012291_19435744.jpg



◆ 「この例は絵の内容と関連している!」と思ったあなたへ
荒木割りの考察を読んで頂きありがとうございます。
荒木割りの例を見ていて、
「この例は絵の内容と関連している!」と思った方は、
コメントを投稿する前に、次の問題を考えてみてください

手短に説明するなら、
今あなたが思いついた原理を他の例にも適用してみて下さい
 ほぼ全ての荒木割りに適用できるなら、
 ぜひともご連絡ください。
 (メールの場合は当サイト上に転載することがあります)
 他の例に適用できなかった場合は
 あなたと同じことを思いついている人がすでに沢山います。
 コメントをいただいても返答できません。」
ということになります。

では、
より詳しい説明を「議論の反復を避けるために」にまとめてみましたので、
参照していただけると助かります。

 ◆ 議論の反復を避けるために
おかげさまで、
僕の考察に対してさまざまなご意見を頂けるようになりました。
意見をいただけること自体は本当にうれしいのですが、
僕はその意見を参考にして、
議論をさらに前に進めて行きたいと考えています。
議論の反復を避けるために、
以下の三点をあらためて強調させてください


 1,コマの形は絵の内容と関連していなくても良い。
 2,作者の意図を最重視する必要は無い。
 3,一部の例だけではなく、
  ほぼ全ての例を統一的な原理で説明できなければならない。


「コマの形は絵の内容と関連していなくてはならない」
「作者の意図は絶対である」
というは、
多くの漫画読者が共有している非常に強力な固定観念だと思います。
しかし、多くの荒木割りを分析してみた結果、
僕は、
この固定観念を捨てないかぎり荒木割りを分析することは出来ない、
という結論を出さざるを得ませんでした。
たしかに、
個々の例について、
そのつど絵の内容と関連させて、
コマの形を説明することは可能
なのです。
しかしそれだけでは僕の説に対する反論にはなり得ません。
荒木割りの原理を解明するためには、
一部の例だけではなく、
全ての例を統一的な原理で説明する必要があるはずです。
実際に分析をしてみるとどうしても微妙な例が出てくるので、
「全て」というわけには行かないでしょうが、
ほぼ全ての例を統一的な原理で説明できないかぎり、
反論として認めるわけには行きません


誤解していただきたくないのですが、
僕の説に対して反論するな、と言いたいわけではありません
たとえば、
「絵の内容との関連から、
 一部ではなくほぼ全ての荒木割りを、
 統一的に説明できる原理を思いついた」
というご意見なら、むしろ大歓迎です。
しかし、
一部の例だけを取り上げて、
「この例は絵の内容と関連している」
というだけでは反論にはなり得ません。
そしてそういった意見に対して、
そのつど同じ返答をくり返すことは僕には出来ないのです。

また、念のために先回りしておきたいのですが、
絵の内容との関連から、
個々の例をそのつど違う原理で説明したうえで、
「すべての例を絵の内容との関連から説明できる」
とする反論も認めるわけには行きません。
ほぼ全ての例を“統一的な”原理で説明できてはじめて、
荒木割りを解明したと言い得るはず
です。

僕の考察を検証していただけること自体はうれしく思っています。
(僕の提案した問題を一緒に考えてくれる、というのは、
 いただける反応のなかでも特にうれしいものです)
議論の反復を避けるように配慮していただけると、
さらにうれしく思います


なお、
議論の進展にしたがって、本章を増補するかもしれません。



あ、あと、そのぅ、
ここはあくまでメビウスのファンサイトなので、
メビウスの方もよろしく、とか言ってみたりして……。



┏━┓
┃め┃「メビウス・ラビリンス」管理人
┗━┛
サイトの更新自体は停止してしまっているので、
ご連絡をいただいても返信できないかもしれません。
(ごめんなさい)
あらかじめご了承ください。


◆ 返信はもう出来ません
● [その4
● [追記
 *両記事へのSTさんからコメント参照。

書いた本人ですら、
「すでに過去のものであって、もはや顧みられるべきものではない」
と考えていた本考察に、
いまだにこうやって反応を頂けることに驚いています。

ただ、サイト上ですでに告知しているような理由から、
詳しく返信することは出来ません。
「そういう反論をあらかじめ予想していたからこそ、
 『その4』で展開した『ジョジョ』第三部の分析をしているのだ」
というのが僕からの返信の骨子なのですが、
詳述するだけの時間は取れません。

さすがにこれ以上責任が取れそうにないので、
本考察に関するコメントやトラックバックに、
僕から返信することはもう出来ない

とここで明言しておきたいと思います。
きりがなくなってしまうので、
これ以降の、本考察へのコメントとトラックバックは、
見つけ次第削除することにします

遺憾ながらメールもチェックしなくなって随分経つので、
メールを頂いても僕が読むことはないと思います。

当サイトの記事は非商用なら無断で転載していただいて構いませんので、
どうしても本考察について発言したい方は、
自分のサイトに本考察を転載したうえで、
僕とは違う人に向かって自分の考えを問うて下さい

このサイト自体は可能なかぎり公開しておくつもりなので、
転載せずにリンクだけでも構いませんし、
もちろん引用して頂くのも自由です。

自分の考察にいまだに反応を頂けること自体はとても嬉しいですし、
光栄にも思っています。
くわしく返信できないのが残念でなりません。




荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - もくじ
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記
[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-05-20 07:40 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - あなたは今どんな姿勢でモニターを見ているのか?
今回はメビウスとはまったく関係ない話です。
日本の漫画家荒木飛呂彦のコマ割りの方法についての考察です。
 *当サイトはフランスの漫画家メビウスのファンサイトです。
 ● [はじめてメビウスを知った方へ - 宮崎駿との対談動画によせて
 ● [基本用語解説

荒木飛呂彦は非常に特徴的なコマ割りをすることが知られています。
この非常に“奇妙な”コマ割りは、
一体どういったルールに従っているのでしょうか。
僕はこれは、ページ全体を傾けることによって
読者の平衡感覚を狂わせる手法だと考えています。


記事が非常に長くなってしまったので、四つに分けることにしました。
全4記事のもくじです。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1]:問題を設定します。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2]:基礎的な分析をします。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3]:荒木割りの分析です。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4]:荒木割りの発展的考察です。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記]:作者の意図は関係ありません。

返信が遅れてすいません]寄せられたコメントへの返信です。
メモ:荒木割り数の訂正]訂正の記録です。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-12-18 18:05 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
今回はメビウスとはまったく関係ない話です。
日本の漫画家荒木飛呂彦のコマ割りの方法についての考察です。
 *当サイトはフランスの漫画家メビウスのファンサイトです。
 ● [はじめてメビウスを知った方へ - 宮崎駿との対談動画によせて
 ● [基本用語解説


この記事には全4記事のうちの最初の記事が収められています。
以下の記事につづきます。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
記事全体にリンクしていただける場合は、
以下のもくじ記事にリンクしていただけると助かります。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - あなたは今どんな姿勢でモニターを見ているのか?
なお、この考察文にコメントをいただける場合は、
「『この例は絵の内容と関連している!』と思ったあなたへ」
コメントやメール等に返信することはもう出来ません
を参照していただけると本当に助かります。


荒木飛呂彦は非常に特徴的なコマ割りをすることが知られています。
この非常に“奇妙な”コマ割りは、
一体どういったルールに従っているのでしょうか。
僕はこれは、ページ全体を傾けることによって
読者の平衡感覚を狂わせる手法だと考えています。
 *以下、荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」から多数の引用をしますが、
 僕の個人的な事情から、
 ジャンプ・コミックス版と集英社文庫版がごちゃ混ぜになっています。
 それぞれ「単」「文」と表記して区別しておきます。
 僕がどちらか一方で全巻そろえていないための措置です。


以下のプログラムに従います。
(項目のクリックで該当箇所に飛びます)

 1 荒木飛呂彦の奇妙なコマ割り - そこにもルールはある
  荒木飛呂彦の特徴的なコマ割り(以下「荒木割り」と略)が、
  単に変則的なだけではなくて、
  一定のルールに従っていることを確認します。
  そのルールとは何なのでしょうか。
 2 コマ割りの基本モデル - 4コマモデルと基準線
  変則的なコマ割りを考察するまえに、
  基本的なコマ割りを確認しておくことにしましょう。
 3 コマ割りの変形ルールと諸類型 - 分割・統合、など
  基本モデルに変形ルールを掛け合わせることによって、
  漫画のコマ割りの様々なバリエーションを作り出すことが出来ます。
  3-1 分割/縮小 - 時間の流れ
   漫画のコマはさらに細かく分割/縮小することが出来ます。
  3-2 統合/拡大 - 状況説明と強調
   漫画のコマは、統合/拡大することによって
   さらに大きなコマにすることが出来ます。
  3-3 ななめ - 緊迫感
   漫画のコマはななめに割ることも出来ます。
  3-4 曲線 - 回想
   漫画のコマは曲線で割ることも出来ます。
  3-5 非線形的時間 - 回想・ダイジェスト・場面転換
   特殊な時間の流れ方を表現するために、
   変則的なコマ割りがされる場合があります。
  3-6 めくり - 読者を意識したコマ割り
   読者がペイジをめくる動作を促進するために、
   変則的なコマ割りがされる場合があります。
 4 ふたたび荒木飛呂彦の奇妙なコマ割り - 読者の平衡感覚を狂わせる
  荒木割りには、読者の平衡感覚を狂わせる狙いがあると思います。
  4-1 荒木割りとななめルール - 外線と内線のちがい
   外線をななめに割るという荒木割りの特徴は、
   他のどの類型を以っても分析できないものです。
  4-2 なぜ外線がななめに割られるのか? - ペイジ全体を傾ける
   ペイジ全体を傾ける、ペイジ全体をぶるぶる振るわせる、
   というルールによって、荒木割りを分析することが出来ます。
  4-3 なぜペイジ全体を傾けるのか? - 読者の平衡感覚を狂わせる
   荒木割りには、読者の平衡感覚を狂わせる狙いがあると思います。
 5 『ジョジョ』第三部のもう一つの戦い - 基準線と荒木割りのせめぎあい
  第三部は、荒木割りが漫画表現として確立される過程の
  興味深い記録になっています。
 6 漫画以外の荒木割り - アイリスショットと『カリガリ博士』
  漫画以外では、映画『カリガリ博士』のアイリスショットに、
  荒木割りに似た例を見つけることが出来ます。
 7 最後に - 狂ったのは平衡感覚だけか
  狂ったのはあなたの人生なのかも……。


◆ 荒木飛呂彦の奇妙なコマ割り - そこにもルールはある
まずは、荒木飛呂彦の特徴的なコマ割り(以下「荒木割り」と略)の
実例を見ておくことにしましょう。
単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ
[ジャンプ・コミックス『ジョジョの奇妙な冒険』第30巻、28~30ペイジ、
 「単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ」と略、以下同様]
一見して分かるとおり特徴的な割り方ですが、
ここで重要なのは、
単に変則的なだけの割り方ではない、という点です。

たとえば次のようなコマ割りはどうでしょうか。
利き手が使えなくなった彫刻師が、腕の一瞬の痛みに耐える場面です。
手塚治虫『火の鳥 鳳凰編』角川文庫46ペイジ
彫刻師が感じた痛み、そして絶望を、
変則的なコマ割りによって表現したものだとは思うのですが、
無数の破片状に割られたコマをどの順番で読めば良いのか、
そもそも順番に読む必要があるのか、
さらには、コマ割りとして処理して良いのかすら迷うほどの、
非常に変則的な割り方です。

こういった例と比べるならば、
荒木割りははるかに基本に忠実な割り方と言えるのではないでしょうか。
(コマの形が変則的なだけで、読む順番に迷うことはまずありません)
つまりそこには、変則的ではありながら、
一定のルールがあると考えられるわけです。
そのルールとはどういったものなのでしょうか。
それを分析するために、まずは、
漫画のコマ割りのもっとも基本的な方法を考えておくことにしましょう。


◆ コマ割りの基本モデル - 4コマモデルと基準線
ストーリー漫画のコマ割りの基本的なモデルを考えて見ましょう。
おおよそ以下のようになると思います。
コマ割りの基本モデル-1
漫画のコマ割りのもっとも基本的な役割は、
時間の経過を表現することです。
複数のコマによって時間の経過を表現することで、
漫画ははじめて一定の物語(ストーリー)を表現することが出来るわけです。
複数のコマは通常、
横一列を順番に読んだあとにその下の段に移るきまりに成っていますから、
ストーリー漫画の1ペイジあたりの最小コマ数は、
基本的には4コマであるはずです。
上図のコマ内の丸抜きの数字がコマを読む順番です。
アルファベットのS字型にコマを追って読んで行くわけです。
(ただし、アメリカのアメコミやフランスのベデは、
 横一列を左から右へ追うきまりになっています。
 アルファベットのZ字型です。
 日本語と英仏語の表記法の違いに基づいているのでしょう)
コマを読む順番はそのまま、作品内の時間が流れる順番でもあります。
上記のモデルが横にふたつ連なることによって見開き2ペイジ分になり、
さらにそれらが冊子状にまとまることによって、
ストーリー漫画が出来あがります。

コマ割りの基本モデルとしては
上の分析がもっとも簡単なものだと思うのですが、
後述の分析の便宜のために、
もうすこし詳しく分析しておきたい点があります。
コマ割りの基本モデル-2
基本的な要素は先ほどと同じなのですが、
ここで拘(こだわ)っておきたいのは、
漫画のコマは通常、一定の枠内に収まるように割られている
という点です。
コマの端がページの端にかかることはまずありません。
(後述の変則的な割り方はここでは考えません)
この一定の枠を「基準線」と呼んでおくことにしましょう。
また、コマのワク線のうち、
ページの端に面しているものを「外側のワク線」(「外線」と略)、
ページの端に面していないものを「内側のワク線」(「内線」と略)、
と分類しておくことにしましょう。
他の作家の作品を分析するためには必要のない分類ですが、
荒木割りを分析するためには、
この分類がのちのち大きな意味を持つようになります。

以上の基本モデルをもとにすれば、
漫画のコマ割りの様々なバリエーションを
分析できるようになるはず
です。
 *上記のモデルや専門用語は、
 当面の分析のために僕が勝手にでっち上げたものなので、
 一般的なものとは異なっているかも知れません。
 その場合は見なかった振りをしておいてください。
 なお、コマ割りの類型としてはこの他に「四コマ漫画」がありますが、
 いまは考える必要はないでしょう。


以下の記事につづきます。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2


荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - もくじ
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-12-18 17:54 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1]のつづきです。


◆ コマ割りの変形ルールと諸類型 - 分割・統合、など
前節で設定した基本モデルに、
さまざまな変形ルールを掛け合わせることによって、
漫画のコマ割りのいろいろなバリエーションを作り出すことが出来ます


 ◆ 分割/縮小 - 時間の流れ
漫画のコマは、さらに細かく分割/縮小することが出来ます
そもそもコマは、複数に割られることによってストーリー漫画に成り得る
わけですから、
この「分割/縮小」ルールこそは、
漫画のコマ割りを成り立たせる最も基本的なルールだと言えるでしょう。
(割られたコマが「分割」された結果なのか「縮小」された結果なのかは
 解釈の分かれるところだと思うので、
 ひとまず「分割/縮小」ルールと名づけておくことにします)
分割/縮小ルールによって時間の流れを表現できるようになる
という点も、上述の通りです。

先述の基本モデルに分割/縮小ルールを掛け合わせることによって、
以下のコマ割りをつくることが出来ます。
分割/縮小モデル
基本モデルの四つのコマを横にさらに二分割したものです。
この8コマのモデルが、
実際に作品に現れるかぎりでは最も基本的なコマ割りだと思います。
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫34~36ペイジ
連続する3ページがすべて8コマのモデルに従っている例です。
コマの縦線が段によって食い違っている例が多々ありますが、
(たとえば、34ペイジ1コマ目と2コマ目のあいだと、
 3コマ目と4コマ目のあいだが上下で食い違っています)
これはコマを読む順番を明確に示すための措置でしょう。
段違いになっていることによって、
コマを縦一列に読む可能性が排除されているわけです。
(1コマ目→3コマ目という順番で読まれないようにしてある)

手塚治虫『火の鳥 黎明編』角川文庫98ペイジ
さらに細かく分割/縮小されている例です。

 ◆ 統合/拡大 - 状況説明と強調
漫画のコマは、
二つのコマを統合、もしくは一つのコマを拡大することによって、
さらに大きなコマにすることが出来ます

これも、
漫画のコマ割りを成り立たせている基本的なルールと言えるでしょう。
統合/拡大ルールによって、
状況説明をしたり、特定の場面・内容を強調できるようになります


統合/拡大モデル
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫10ペイジ
作品の冒頭です。
いちばん最初に大きいコマを持ってくることによって、
作品の状況を説明しています。
舞台は町のなか、時間は夜、
雨が降っている中を一匹の犬がヨタヨタと歩いている、
こういった情報が最初に与えられることによって、
読者が作品世界を簡単に理解できるようになっています。
たとえばこの作品が2コマ目から始まっていたら、
読者は何が起こっているか分からずに、作品を楽しめなくなるでしょう。

藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫116ペイジ
いちばん最後のコマに注目してください。
うなるような音を発する岩を発見したおどろきが、
大きいコマによって強調されています。

手塚治虫『ブラック・ジャック』第4巻秋田文庫224~225ペイジ
「デカの心臓」というエピソードの冒頭2ペイジです。
各ペイジの最初のコマに注目してください。
状況説明のための大きなコマと、強調のための大きなコマを
同時に観察できる例です。
224ペイジ最初のコマで作品の状況が説明され、
225ペイジ最初のコマでは、
「出可」(でか)と呼ばれる巨体の男の大きさが
大きなコマによって強調されています。

強調のための統合/拡大は、さらに規模を大きくして、
1ペイジ全体、見開き2ペイジ全体をぶちぬく、
さらに大きなコマをつくることも出来ます。
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫110ペイジ
「すごいがけ」のすごさが、
1ペイジ全体をぶちぬく大きな一つのコマによって強調されています。
手塚治虫『火の鳥 鳳凰編』角川文庫264~265ペイジ
大規模な旱魃におそわれた広大な大地の不毛さ、
それを見て「ひどすぎる」と歎ずる人物の無力感などが、
見開き2ペイジをぶちぬく大きな一つのコマによって強調されています。

統合/拡大ルールによって作られた大きなコマは、
基準線をはみ出ることによってさらに強調の度合いを強めることも出来ます。
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 4 のび太の海底鬼岩城』小学館コロコロ文庫24~25ペイジ
同上26ペイジ
のび太がドラえもんの秘密道具を使って、
海底の高い山を見る場面です。
「地上でみられない雄大なけしき」の雄大さが、
基準線をはみ出した大きなコマによって強調されています。

手塚治虫『ブラック・ジャック』第6巻秋田文庫64ペイジ
「ケヤキの大木」の大きさが、
基準線をはみ出した大きなコマによって強調されています。

以上の、分割/縮小、統合/拡大の二つのルールが、
ストーリー漫画のコマ割りを成り立たせている基本的なルールでしょう。
たとえば、上に挙げた藤子・F・不二雄の「ドラえもん」などは、
この二つのルールによってほぼ全てのコマ割りを分析できるほどです。
なによりも小さな子供に楽しんでもらうための作品なので、
意識的に基本的なコマ割りに徹しているのでしょう。

 ◆ ななめ - 緊迫感
漫画のコマは基本的には長方形をしていますが、
ななめに割ってひし形や三角形のコマにすることが出来ます
ななめルールによって緊迫感を表現できるようになります

ななめモデル
手塚治虫『ブラック・ジャック』第2巻秋田文庫6ペイジ
最後の2コマがななめに割られています。
(結果的に最後から3コマ目もななめに割られています)
急に地震に襲われた緊迫感が表現されています。
手塚治虫『ブラック・ジャック』第7巻秋田文庫312~313ペイジ
見開き2ペイジのコマが全てななめに割られている例です。
荷崩れ事故の緊迫感が表現されています。
先に挙げた『火の鳥』の変則的なコマ割りも、
ななめルールの極端な例として分析することが出来るでしょう。
手塚治虫『火の鳥 鳳凰編』角川文庫46ペイジ

 ◆ 曲線 - 回想
漫画のコマは、直線によって割るだけではなく、
曲線によって割ることも出来ます
曲線ルールによって
回想(過去の出来事を思い出す場面)を表現することが出来ます

曲線モデル
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫138~141ペイジ
藤子・F・不二雄『大長編ドラえもん 3 のび太の大魔境』小学館コロコロ文庫138~141ペイジ
犬型のキャラクターが自分の過去を語る場面です。
過去の出来事を表現する際にコマの端を丸める、という、
曲線ルールのもっとも基本的な例です。
手塚治虫『ブラック・ジャック』第2巻秋田文庫40~41ペイジ
見開き2ペイジの一番右下のコマだけが直線的に割られていて、
その他のコマはすべて不定形の曲線によって割られています。
一番右下のコマのなかの品の良さそうなお婆さんが、
過去の出来事を語る場面です。
現在の出来事は直線的、過去の出来事は曲線的という基本を踏まえながら、
さらに不定形な曲線を利用することによって、
「あの奥さん」の「血の出るような」苦労が表現されています。
(これらの曲線は、血だまりをかたどっているのかも知れません)

以上の四つのルールによって、
ストーリー漫画に現れるコマの形のバリエーションは
ほとんど分析できるのではないかと思います。
もちろん興味深い例外はまだまだ沢山あるのですが、
(丸ゴマ、ずれたコマ、ワク線を消したコマなど)
当面の分析に必要な分は、すくなくともコマの形に関するかぎりでは、
以上で充分です。

 ◆ 非線形的時間 - 回想・ダイジェスト・場面転換
コマの形に関する分析は前節までで充分なのですが、
一定の内容に応じて変則的なコマ割りがされる場合があります。
これらについても簡単に確認しておくことにしましょう。

「非線形的時間」と物々しいタイトルを付けてしまいましたが、
要は、
特殊な時間の流れ方を表現するために、
変則的なコマ割りがされる場合がある
、ということです。
先に挙げた、回想を表わすための曲線ルールがその代表的な例です。

コマ割りによって表わされる時間は、
通常は直線的(線形的)に流れています。
コマを読む順番がそのまま時間の流れる順番になっています。
しかし、回想の場面では、
コマを読む順番と時間の流れる順番に食い違いが生じます。
図解:コマを読む順番と時間の流れる順番
この食い違いによって読者の頭を混乱させないために、
現在の出来事は直線的、過去の出来事は曲線的な線によってコマを割って、
区別が付くようにしてあるわけです。

非線形的時間の例は回想だけではありません。
時間の流れを速めるダイジェスト(もしくは早送り)の場面でも、
変則的なコマ割りがされます。
手塚治虫『ブラック・ジャック』第3巻秋田文庫85ペイジ
「六か月」分の時間の流れが、
ななめルールによって割られた最初の9コマによって表現されています。
六ヶ月のうち四日分の太陽と月がダイジェストで示された
と解釈することも出来るでしょうし、
六ヶ月が四日分に早送りされたと解釈することも出来るでしょう。
(静止画の漫画では動画の映画のように早送りすることが出来ないので、
 早送りの漫画的表現は必然的にダイジェストになってしまいます)
図解:ダイジェストと早送り

ダイジェスト/早送りに併せて場面転換がされる場合もあります。
単『ジョジョ』第14巻138ペイジ
爆発炎上した船からボートによって非難した人達が、漂流する場面です。
ここでは時間だけではなく場所も変化しています。
コマがかなり変則的に割られていますが、
基本的には、ななめルールと拡大ルールによるはみ出しで
処理しておけば良いでしょう。
非線形的時間を表現する場合には
かなり変則的なコマ割りがされる場合がある、
という点を確認しておけば、ひとまずは充分です。

 ◆ めくり - 読者を意識したコマ割り
漫画はふつう冊子状にまとめられるものですから、
漫画を読む際にはペイジをめくる必要があります。
この“ペイジをめくる”という動作に自覚的になり、
読者がペイジをめくる動作を促進するために、
変則的なコマ割りがされる場合があります

前節までのコマ割りの類型はほぼすべて漫画の内容にかかわるものでしたが、
(作品内時間の流れを表わしたり、特定の場面を強調したり)
作品の内容ではなく読者を明確に意識しているという点で、
めくりの類型はとても重要な意味を持ちます


浦沢直樹『MASTERキートン』第12巻ビッグコミックス161ペイジ
浦沢直樹『MONSTER』第6巻69ペイジ
ペイジの一番最初と一番最後のコマが、
拡大ルールによってそれぞれ上・下方向に基準線をはみ出しています。

問題は、このような例が一時的な例外としてではなく、
浦沢直樹の作品で多用されているという点です。
「MASTERキートン」「MONSTER」のほとんどすべてのエピソードで、
上に挙げたようなコマ割りがされています。
これは、拡大ルールによる強調効果だけでは説明がつきません。
そこで注目したいのが、ページをめくった次のコマです。
浦沢直樹『MASTERキートン』第12巻ビッグコミックス161~162ペイジ
浦沢直樹『MONSTER』第6巻69~70ペイジ
「船瀬君」に声をかけた人物が誰なのか、
暗闇のなかで女性が出会った人物がどのような顔をしているのか、が、
ページをめくることによって判明する仕掛けになっているわけです。
つまり、上の例で上・下方向にはみ出しているコマは、
正確に言うなら“前後のページに向かってはみ出している”と言うべきで、
このはみ出しによって、
ページをめくった向こう側(つまり前後のページ)に
読者の意識を誘導する効果をあげている、
と考えることが出来ると思うのです。

さらに次のような例を見てみましょう。
浦沢直樹『MASTERキートン』第5巻ビッグコミックス131~132ペイジ
ペイジをめくる動作を挟むことによって、
それまで味方だと思っていた太った男が急に敵に豹変する驚きが、
強調されています。
浦沢直樹『MASTERキートン』第6巻ビッグコミックス119~120ペイジ
作中人物が家の扉を開けて中の様子をうかがう場面です。
扉を開ける動作をペイジをめくる動作と連動させることによって、
作中の扉を実際に自分の手で開けているような感覚を、
読者が擬似的に体験できるようになっています。
浦沢直樹『MASTERキートン』第7巻ビッグコミックス11~12ペイジ
同様に、
箱のふたを開ける感覚を擬似的に体験できるようになっています。

浦沢直樹『MONSTER』第2巻209~210ペイジ
まず、210ペイジの4コマ目で、男と少女の位置関係を把握してください。
209ペイジの最後のコマは少女の視点から男を眺めた絵、
210ペイジの最初のコマは男の視点から少女を眺めた絵に、
ほぼ相当するはずです。
つまり、ここでペイジをめくる動作は、
互いに向き合っている二人の視線に沿って
読者の視線の方向を変える感覚に相当するわけです。
(二人のまわりを読者がぐるっと一回りするイメージ)
この“視線の方向を変える”という効果は、
次の例でさらに明確に現れています。
浦沢直樹『MASTERキートン』第17巻ビッグコミックス19~20ペイジ
19ペイジの最後のコマでは写真の裏側が、
20ペイジの最初のコマでは写真の表側が描かれています。
ここにペイジをめくる動作を挟むことによって、
作中の写真を実際に手にとって裏返すような感覚を、
読者が擬似的に体験できるようになっているわけです。

以上で、荒木割りを分析するための基礎的な分析は終わりです。
上に挙げた諸類型と比較することによって、
荒木割りの特徴をさらに厳密に分析することが出来るはず
です。


以下の記事につづきます。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3


荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - もくじ
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-12-18 17:50 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2]のつづきです。


◆ ふたたび荒木飛呂彦の奇妙なコマ割り - 読者の平衡感覚を狂わせる
もう一度、荒木割りの例を挙げておくことにしましょう。
単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ

 ◆ 荒木割りとななめルール - 外線と内線のちがい
前章で挙げたコマ割りの諸類型と照らし合わせるならば、
上に挙げた荒木割りは、
ななめルールに則ったものとして分析することが出来るでしょう。
荒木割りで見られる変則的なコマの形は、
全てななめに切り取られた形をしています。

しかしながら、
荒木割りにはななめルールでは分析・説明しきれない要素がある
ように思います。
これも先に挙げた『火の鳥』の例と、
もう一度比較して見ることにしましょう。
手塚治虫『火の鳥 鳳凰編』角川文庫46ペイジ
単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ
重要なのは、外側のワク線と内側のワク線の違いです。
『火の鳥』がここまで変則的な割り方をしながら
基準線をしっかり守っているのに対し、
『ジョジョ』は外線だけをななめに割って内線は定型のままです。
内線をななめに割るか外線をななめに割るかという、
明確な違い
がここにはあります。

前章で挙げたコマ割りの諸類型のうち、
外線の変化に対応しているのは
拡大・曲線・非線形的時間・めくりの四類型ですが、
荒木割りはそのいずれとも異なっています。
拡大ルールでは
強調の度合いを強めるために基準線をはみ出す大きなコマがつくられる
ことがありますが、
荒木割りでは29ペイジの1コマ目・5コマ目、30ペイジの2コマ目以外はすべて、
コマの端はペイジの端の内側にとどまっています。
(ななめにはみ出たと考えることも出来ますが、
 いずれにしろ、荒木割りにしか見られない特徴です)
そもそも、上に挙げた場面では男と女が会話をしているだけで、
なんら強調すべき要素が見当たりません。
バトルやアクションを主体としているこの作品のなかでは
むしろ平穏な場面に属する例で、
拡大ルールによって強調する必要はないはずです。
また、コマの形はあくまで直線的で、
作品内時間もごく普通に流れていますし、
めくりの効果も見出せません。
すなわち、
外線をななめに割るという荒木割りの特徴は、
他のどの類型を以ってしても分析できない
ものなのです。

 ◆ なぜ外線がななめに割られるのか? - ペイジ全体を傾ける
荒木割りで、なぜ外線がななめに割られるのか?
そこで注目したいのが次のような例です。
単『ジョジョ』第50巻58ペイジ
単『ジョジョ』第55巻49ペイジ
単『ジョジョ』第43巻70ペイジ
かなり大胆にななめに割られているにもかかわらず、
すべてのワク線がお互いにほぼ直角に交わっていることに注目してください。
図解:ペイジ全体を傾ける
つまりこれらの例は、
ペイジ全体を傾けたコマ割りだと考えることが出来るのです。

ペイジ全体を傾けるというルールによって、
ほぼ全ての荒木割りを分析できるように思います

たとえば次のような例。
単『ジョジョ』第38巻160ペイジ
単『ジョジョ』第31巻80ペイジ
単『ジョジョ』第29巻178ペイジ
これらの例は、ペイジ全体を左右に何度も傾けたコマ割りです。
(ぶるぶる震えているような感じ)
図解:ペイジをぶるぶる振るわせる
さらに、定型的なコマ割りと荒木割りをミックスすることも出来ます。
荒木飛呂彦『死刑進行中脱獄進行中』202ペイジ
上の例で、外線がななめに割られているにも関わらず
内線がすべて定型的に割られていることに注目してください。
ペイジ全体を左右に何度も傾けるということは、
そのあいだにペイジが垂直になる瞬間も含まれている
ということなのですから、
ペイジをぶるぶる振るわせた結果、
ななめのコマ割りと垂直のコマ割りが同居する結果になるわけです。
(残像によって複数のポーズが重なって見える感じ)
定型的なコマ割りと荒木割りのミックス

ペイジ全体を傾ける、ペイジ全体をぶるぶる振るわせる、
というルールによって、
一番最初に挙げた荒木割りの例も分析できるはずです。
図解:残像によるミックス
この例ではペイジの四隅のコマがななめに割られていますが、
これは、ペイジ全体を左右にそれぞれ一回ずつ傾けたコマ割りを
残像によってミックスしたものです。

 ◆ なぜペイジ全体を傾けるのか? - 読者の平衡感覚を狂わせる
ではなぜペイジ全体を傾ける必要があるのでしょうか。
統合/拡大ルールやななめルールで見られたような、
特定の場面・内容の強調や緊迫感の表現などでは説明が付きません。
先にも述べましたが、いちばん最初に挙げた荒木割りの例は、
むしろ平穏な場面に属する例だからです。
非線形的時間でもありません。
また、作品世界がななめに傾いたりぶるぶる震えているわけでもありません。
手塚治虫『ブラック・ジャック』第17巻秋田文庫88ペイジ
嵐のなかを航行する船の中の様子を描いた例です。
船のゆれをそのままコマのゆれとして表現していますが、
荒木割りの例では作品世界はゆれてはいません。
単『ジョジョ』第30巻28~30ペイジ
つまり荒木割りは、
作品の内容とはほとんど何の関係もないコマ割り
なのです。

そこで注目されるのがめくりルールです。
めくりルールでは、作品の内容よりも、
ペイジをめくる読者の存在が強く意識されていました。
めくりは、読者がいてはじめて効果を発揮するコマ割りです。
これと同じようなことが、
荒木割りでも起こっているのではないかと思うのです。

次の例を見てみてください。
単『ジョジョ』第13巻93ペイジ
ペイジの天地(上下方向)と絵の天地が食い違っています。
こういった絵を見る際に、
本全体を傾けたり、自分の首を傾けたりしたことはないでしょうか。
実際にそのような措置をとれば、
絵の天地を正確に見ることが出来るはずです。
単『ジョジョ』第13巻93ペイジを左方向へ90度回転
つまりこの例は、読者に首を傾けさせる効果を持っているわけです。
同じような効果が、
コマの中の絵を傾けるのではなく、
コマのワク線を傾けることによっても得られるはずです。
単『ジョジョ』第50巻58ペイジ
単『ジョジョ』第50巻58ペイジを左方向へ10度回転
単『ジョジョ』第55巻49ペイジ
単『ジョジョ』第55巻49ペイジを右方向へ7度回転
単『ジョジョ』第43巻70ペイジ
単『ジョジョ』第43巻70ペイジを右方向へ9度回転
首を傾けることによって、
ワク線の天地をほぼ正確に見ることが出来ます。
この効果です。
つまり、
荒木割りがペイジ全体をぶるぶると振るわせるのは、
そのつど読者の首をぶるぶると振るわせる、
すなわち、読者の平衡感覚を狂わせる狙いがある
からなのではないでしょうか。
コマの中の絵ではなくコマのワク線を傾けることによって、
作品の内容の束縛を受けずに、
読者への効果だけを意識できるようになるはずです。


以下の記事につづきます。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4


荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - もくじ
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-12-18 17:46 | - 番外篇 -
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3]のつづきです。


◆ 『ジョジョ』第三部のもう一つの戦い - 基準線と荒木割りのせめぎあい
荒木割りの最初の例を確認しておきましょう。
荒木割りか否かの判定基準は、外線がななめに割られているか否かです。
(その結果、ペイジ全体が傾く効果が上がっていなければなりません)
いくつか微妙な例もあるのですが、
僕の見たかぎりでは、第三部の次の例が最初だと思います。
単『ジョジョ』第14巻175ペイジ
そして『ジョジョ』第三部こそは、
荒木割りが漫画表現として確立される過程の
興味深い記録になっている
と思います。
第三部では主人公のジョジョ一行と敵役のディオの戦いが描かれますが、
その裏では、
漫画表現における基準線と荒木割りのせめぎあいという、
もう一つの戦いが描かれている
のです。

本題に入るまえに微妙な例も確認しておきましょう。
単『ジョジョ』第13巻11ペイジ
最後のコマの下のワク線がななめに割られているように見えますが、
枠外に「やがて忘れられた」というト書きが置かれているので、
外線がななめに割られているかどうかは微妙だと思います。
単『ジョジョ』第14巻164ペイジ
2コマ目の上のワク線がななめに割られていますが、
これはコマ全体がずれている例として処理すべきかも知れません。
手塚治虫『火の鳥 鳳凰編』角川文庫302ペイジ
1コマ目全体がずれることによって、
作中人物の怒りが強調されています。

本題です。
第三部の総ペイジ数に対する荒木割りの比率を算出してみました
第三部の総ペイジ数は2953ペイジ、総エピソード数は152です。
1エピソードは平均約20ペイジなので、
5エピソードごとにまとめて(合計平均約100ペイジ)、
荒木割りを含むペイジの数を数えてあります。
荒木割りペイジの数が、ほぼパーセンテージに相当するわけです。

エピソード数・グラフ(一つが10ペイジ分に相当)
・荒木割りペイジ数/総ペイジ数・備考
の順に示します。
001~005 0/102 微妙な例が1例ある(DIOの棺桶)
006~010 0/97
011~015 0/100
016~0201/96 微妙な例が1例と最初の例("力"のスタンド)がある
021~0251/95 ディオをテレビで透視する場面に1例
026~0301/95 黄の節制に1例
031~0354/99 吊られた男に3例、女帝に1例
036~040 0/95
041~045 0/97
046~050 0/95
051~0554/97 太陽に3例、死神13に1例
056~0602/98 死神13に2例
061~0658/97 審判に8例
066~070■■■24/95 女教皇21例、愚者3例、主人公がエジプトに上陸
071~0757/96 愚者に7例
076~0805/98 「クヌム神」に2例、「アヌビス神」に3例
081~08510/96 「アヌビス神」に10例
086~0906/95 「バステト女神」に6例
091~095■■14/99 「バステト女神」に1例、「セト神」に13例
096~1007/97 「セト神」に3例、DIOを撃つ!?に2例、ダービー(兄)に2例
101~10510/97 ダービー(兄)に5例、ホル・ホースとボインゴに5例
106~110■■13/97 ホル・ホース6例、ペット・ショップ7例、ディオの館登場
111~115■■15/99 ペット・ショップに11例、ダービー(弟)に4例
116~1207/98 ダービー(弟)に7例
121~1259/97 ダービー(弟)に7例、ヴァニラ・アイスに2例
126~130■■■21/97 ヴァニラ・アイスに21例
131~135■■■■34/98 ヴァニラ13例、スージー3例、DIO18例、ディオ登場
136~140■■■■■■■62/97 DIOに62例
141~145■■■■■■■62/97 DIOに62例
146~150■■■■■46/98 DIOに46例
151_15210/39 DIOに7例、遥かなる旅路に3例
合計383/2953

微妙な例があるので細かい数字には異同があるかも知れませんが、
おおまかな流れが分かれば良いのでひとまずは上記の計測で充分でしょう。
荒木割りペイジ数は合計383ペイジでした。
総ペイジ数は2953ペイジ、
荒木割りの比率は約13パーセント(100*383/2953≒12.9)です。
1エピソード(平均約20ペイジ)あたりの平均荒木割りペイジ数は2.6ペイジです。

上のグラフを見てもらえば分かるように
終局に近づくにつれて荒木割りの数が多くなっていますが、
ここで注目されるのは、
徐々に数が多くなっているわけではなくて、
急に数が多くなる時点がある、という点です。
あきらかに、
敵役のディオの登場にあわせて荒木割りの数が急増しています
各エピソードごとに平均荒木割りペイジ数を示してみます。

エピソード数・グラフ(一つが1ページ分に相当)
・平均荒木割りページ数・エピソードのタイトル
の順に示します。
001____ 0.0 悪霊にとりつかれた男
002~010 0.0 炎の魔術師の巻~奇虫襲撃!
011~013 0.0 銀の戦車
014~016 0.0 暗青の月
017~0190.3 力
020~022 0.0 悪魔
023~0260.5 黄の節制
027~0320.5 皇帝と吊られた男
033~0360.3 女帝
037~040 0.0 運命の車輪
041~046 0.0 正義
047~052 0.0 恋人
053~054◆◆1.5 太陽
055~0600.5 死神13
061~065◆◆1.6 審判
066~069◆◆◆◆◆◆5.3 女教皇
070~075◆◆1.7 「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール
076~0790.5 「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ
080~085◆◆◆2.2 「アヌビス神」
086~091◆◆1.2 「バステト女神」のマライア
092~096◆◆◆◆3.2 「セト神」のアレッシー
097____◆◆2.0 DIOを撃つ!?
098~103◆◆1.2 ダービー・ザ・ギャンブラー
104~108◆◆◆2.2 ホル・ホースとボインゴ
109~113◆◆◆◆3.6 地獄の門番ペット・ショップ
114~124◆◆1.6 ダービー・ザ・プレイヤー
125~132◆◆◆◆◆4.5 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス
133____◆◆◆3.0 スージー・Q・ジョースター 娘に会いにくる
134~151◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆10.8 DIOの世界
152____◆◆◆3.0 遥かなる旅路 さらば友よ

他のエピソードがおおむね平均3~4ペイジ台以下であるのに対し、
「DIOの世界」の平均10.8ペイジだけが突出しています。
二番目に多い「女教皇」の平均5.3ページと比べても約2倍あります。
「DIOの世界」の総荒木割りペイジ数は195ペイジですから、
全152エピソードの内のこの18エピソードだけで
全体の約半数の荒木割りが現れていることになります。
(100*195/383≒50.91)
第三部においてはまさに、
荒木割りはディオであり、ディオは荒木割りであるのです。

ディオと荒木割りの関係に注意して、
第三部を読み直してみることにしましょう。
単『ジョジョ』第13巻11ペイジ
ディオの棺桶が引き上げられます。
荒木割りか否かが微妙な例です。
単『ジョジョ』第13巻49ペイジ
単『ジョジョ』第13巻60ペイジ
はじめてディオの姿が描かれる場面と、
はじめてディオ自身が登場する場面です。
ここではまだ荒木割りは現れていません。
単『ジョジョ』第15巻73ペイジ
荒木割りのいちばん最初の例は
力(ストレングス)のスタンドのサルを描いたものでしたが、
2例目においてはやくもディオが現れます。
文『ジョジョ』第16巻265ペイジ
ディオがはじめて主人公一行の前に姿を現す場面です。
非常に大胆な荒木割りで描かれるこのペイジ以降、
荒木割りの数が急増することになります。
文『ジョジョ』第17巻30ペイジ
ディオがはじめて主人公一行と本格的に戦う場面です。
文『ジョジョ』第17巻60~61ペイジ
ディオの能力がはじめて本格的に発動される場面です。
文『ジョジョ』第17巻85ペイジ
全エピソード中もっとも荒木割り比率の高いエピソードです。
全19ペイジの内じつに16ペイジに荒木割りが現れます。
ディオが主人公の空条承太郎とはじめて対峙するエピソードでもあります。
文『ジョジョ』第17巻120ペイジ
承太郎に対してはじめて能力を使う場面です。
大胆すぎるほどの荒木割りです。
文『ジョジョ』第17巻284~285ペイジ
ディオが敗北する場面です。

このようにして見てみると、
とくに“主人公一行と対決するディオ”というのが、
荒木割りにとって非常に重要な契機になっている
ことが分かります。
ディオがはじめて荒木割りによって描かれたのは
テレビ越しに主人公一行に攻撃を加えた場面でしたし、
(第2例目の荒木割りでもあります)
荒木割り比率の急増は、ディオと主人公一行の直接対決に呼応しています。
また、全エピソード中もっとも荒木割り比率の高いエピソードも、
ディオと主人公がはじめて対峙するエピソードでした。
荒木割りはペイジ全体を傾けぶるぶると振るわせる手法でしたが、
そのとき発生するワク線と基準線のせめぎあいは、
そのまま、ディオと主人公一行とのせめぎあいでもあるわけです。
文『ジョジョ』第17巻296ペイジ
第三部に現れる荒木割りの最後の例です。
このあと第四部以降では、
いちいち計測するのが無意味なほど荒木割りが多用されるようになります。
単『ジョジョ』第63巻60~61ペイジ
第五部ではディオの息子が主人公になりますが、
その中での荒木割りの一例です。
非常に変則的かつ大胆なコマ割りです。
作品の内容ではディオは敗北しましたが、
作品の表現ではディオ(荒木割り)が勝利を収めた

と言えるのではないでしょうか。


◆ 漫画以外の荒木割り - アイリスショットと『カリガリ博士』
ところで、荒木割りは漫画だけのものなのでしょうか。

ここで注意しなければならないのは、
荒木割りは、
ペイジの端と基準線という二つの枠があって始めて可能になる

という点です。
枠が一つだけでは枠全体を傾けることは出来ません。
垂直方向の基準となる外側の枠があってはじめて、
内側の枠を“傾ける”ことが出来るのです。
図解:ワクを傾ける
次の例を見てみてください。
単『ジョジョ』第13巻93ペイジ
1ペイジぶち抜きの大きなコマが一つあるだけなので、
この例では枠は実質的に一つだけ(ペイジの端)と考えるべきでしょう。
一つの枠だけでも読者の平衡感覚を狂わせることは可能です。
(首を右に90度傾けるイメージ)
しかし、ここで傾けられているのはもはや、
枠ではなく絵そのものと言うべきです。
絵そのものを傾けずに枠だけを傾けて読者の平衡感覚を狂わせるには、
二つの枠がぜったいに必要なのです。
図解:絵を傾けるか枠を傾けるか

漫画が二つの枠を持つのはごく普通のことですが、
(だからこそ荒木割りが可能だったわけです)
これは漫画だけのことなのでしょうか。

漫画の比較対象としてまず挙げられるのは絵画と映画でしょうが、
これらは通常、一つの枠(額縁とスクリーンの端)しか持ちません。
僕の気が付くかぎりでは、
荒木割りに相当する例は映画のアイリスショットだけです。
古い映画で場面転換をする際の、
画面が端から暗くなっていって最後に丸く切り抜かれる手法を
覚えてはいないでしょうか。
あれがアイリスショットです。
有名な古典映画『カリガリ博士』を例に取ってみましょう。
● ウィキペディア日内「カリガリ博士」
  *夢遊病者が連続殺人を犯す話を精神病患者が語る、という、
  まさしく“奇妙な”映画です。
  荒木飛呂彦のファン好みの要素がいっぱいだと思うのですが、
  いかがでしょうか。
● 「INTERNET ARCHIVE」内「Moving Images>Movies>"Das Kabinett des Doktor Caligari"で検索」
  *『カリガリ博士』はしっかり著作権が切れているので、
  インターネットでタダでダウンロード出来てしまいます。
  ただし、英語の字幕に日本語訳はついていません。
  僕は「256Kb MPEG4(132 MB) 」(左メニュー「Download」欄内)を
  落としました。
上記ファイルで再生時間05:59、以下同様
[上記ファイルで再生時間05:59、以下同様]
これがアイリスショットです。
スクリーンの端とアイリスショットの縁という二つの枠があります。
上記のウィキペディアでは、
「本作品では、場面の切り替え以外でもアイリス・ショットを多用し、
 不安感をあおったり、注意を喚起したりする手法が多用されている。」
とされていますが、
これらの手法は二つの枠があってはじめて可能になるものです。

アイリスショットはふつうは丸い枠を使いますが、
『カリガリ博士』で注目すべきなのは、
ひし形の枠が使われているという点
です。
[29:31]
夢遊病者が女を殺すために部屋に忍び込もうとする場面です。
形のうえでは荒木割りとまったく同じです。
読者の平衡感覚を狂わせるためではなく不安感をあおるための手法
だとは思うのですが、
僕の気が付いたかぎりでは、これがもっとも荒木割りに近い例です。
さらに、
ひし形の中心とスクリーンの中心がずれていることも重要です。
(ひし形が左に少しずれている)
これによって不安感をあおるという効果がさらに強調されていますが、
同じことが荒木割りでも試みられていると思います。
単『ジョジョ』第63巻192~193ペイジ
コマが見開きペイジの中心をまたいでいます。
(コマ割りの中心とペイジの中心がずれている)
傾ける度合いを強めることによってより強く読者の平衡感覚を狂わせる例、
と言えるでしょう。
とくに『ジョジョ』第五部において多用される手法です。

なお、
アメリカやフランスでも素晴らしい漫画はたくさん描かれていますが、
荒木割りに相当するような例は無いように思います。
(少なくともこれほど多用される例は、僕は知りません)
表現理念が根本的に異なるので、
そもそもこのような表現が求められていないのかも知れません。
また、
ひとつの画面を複数に区切るという手法は、
イコン(キリスト教東方正教会の宗教絵画)や
マンダラ(密教の宗教絵画)でも普通に見られるものですが、
荒木割りに相当するような例は見つけられませんでした。
どちらも宗教絵画として形式が定められているので、
変則的な表現は受け容れられないのでしょう。
「日本」の「漫画」だけを特別に持ち上げてしまうと
逆に日本の漫画の可能性を狭めてしまう、
と僕は思っているので注意しなければならないのですが、
やはり荒木割りは日本の「漫画」独自のものなのかも知れません。
(むしろ荒木飛呂彦独自のものと言うべきでしょうか。
 理論的には、アメリカやフランスの漫画、イコン、マンダラなどでも
 荒木割りは可能なはずです)


◆ 最後に - 狂ったのは平衡感覚だけか
最後にもうひとつだけ。
荒木割りによって狂わされているのは、
僕たち読者の平衡感覚だけなのでしょうか?

● 「文芸ジャンキー・パラダイス」内「(ジョジョ総目次)>ジョジョ立ち教室」
荒木飛呂彦のファンのなかには
非常に奇妙な行動をとる人がいるようですが、
(作中人物の奇妙なポージングをみんなで真似て遊んだりしています。
 な、なんすかそれ。楽しそ……、いや何でもないです)
荒木割りによって狂わされているのは、
じつは、









「あなたの人生なのかも知れません」


以下の追記につづきます。
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - 追記
本記事の訂正について。
メモ:荒木割り数の訂正


荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - もくじ
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その1
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その2
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その3
荒木飛呂彦のコマ割りの原理 - その4
[PR]
by moebius-labyrinth | 2006-12-18 17:41 | - 番外篇 -
フランス語? からっきし出来ませんが、何か?
おかげさまで何とか今までこのサイトを続けることが出来て、
また、僕の記事に関して
色々と感想を寄せていただく機会にも恵まれるようになりました。
感想を寄せていただけること自体はとても感謝しているのですが、
(本当にとても感謝しています。ありがとうございます)
ただ、その中で一点だけ、
どうにも違和感を感じてしまうことがある
のです。

今回は直接メビウスには関係しないのですが、
でも、日本人としてバンド・デシネを読んで行くうえで
とても大切なことだと思うので、
ちょっとだけ脱線させてください。
今回の問題は、
「僕(「メビウス・ラビリンス」の管理人)は
 フランス語が出来るのか?」

です。
答えから先に言うと、もちろん出来ません。出来ませんとも、からっきし。
でも、「フランス語が出来る」って一体何なんでしょうか?
僕たち日本人がバンド・デシネを読むって、
どういう事なんでしょうか?

 *当サイトは、フランスの漫画家「メビウス」のファンサイトです。
 「バンド・デシネ」とはフランスの漫画のことです。
 くわしくは以下の記事を参照してください。
 [基本用語解説
 [メビウスを始めて知った方へ:宮崎駿との対談動画に寄せて

◆ 「フランス語が出来るって羨ましいです」に対する違和感
僕が違和感を感じるというのは、
たとえば以下のような言葉に集約されます。
フランス語が出来るって、うらやましいです
 *誤解して頂きたくないのですが、
 この言葉は特定の個人の言葉を引用したものではありません。
 同様の感想を今まで何度か頂いています。
 それらの感想を要約して、
 僕が新たに書き起こした言葉です。
 特定の個人をあげつらったり、
 個人攻撃をしたいわけではありませんので、
 くれぐれも誤解しないでください。

まずこの言葉に端的に答えるならば、
僕はフランス語は出来ません
個人的なことで恐縮ですが、
僕はあくまで趣味として
自分で勝手にちまちまとフランス語の勉強をしていて、
この記事を書いている時点でちょうど勉強歴1年といったところです。
独学でたった1年。
フランス語が出来ているわけがありません。
でも、
その点でフランス人に何か引け目を感じることはありません
(あなたがもしフランス語が出来なくても、
 フランス人に対しても、僕に対しても、
 引け目を感じる必要なんてないと思います)
そもそも、「フランス語が出来る」って一体何なんでしょうか?


◆ Pedroはやっぱり偉大だと思う
「フランス語が出来る」か否かという点に関しては、
正直に言うと、僕もつい最近まである誤解をしていました。
僕は最近フランス人とフランス語でやり取りをする機会に
恵まれるようになったのですが、
そこでこのようなやり取りがありました。

 [僕]
 僕のフランス語は相当ひどいだろ?
 ごめんね。

 [相手のフランス人]
 いや、そんなことは気にしなくてもいいよ。
 それに君の言っていることはちゃんと理解できるよ。
 それにね、僕たちだって、
 日本人がフランス語を話すのが難しいってことは分かってるさ。
 一歩一歩すこしずつ勉強して行けば良いことじゃないか。

このフランス人のハンドルネームは
Pedro Gil(ペドロ・ジル)と言います。
● メビウスのメーリングリスト内「3570, RE: [giraud-moebius] Merci tout le monde, Pedro Gil BD, 2005/07/14 23:03」
僕がもっとも大切だと思うのは以下の一節です。
[前略]le conseil que je te donne
est de pas avoir le peur de ecrire tort,
tout monde donne nous un peu de distance
et si quelqu'un ne comprendre pas quelque chose
elle peu toujours demander de nouveau :-)

日本とフランスの間にはちょっとした距離があるものだろう?
だから、フランス語が下手くそだなんて、
気にすることなんてないさ。
何か分からないことがあったらこっちから訊くから、
その時はまた新たに書き直せば良いじゃないか。

結構くだけた言い方をしてくれちゃってるので逆に難しいのですが、
つまり彼の言いたいことは、
日本人がフランス人のようにフランス語を話す必要はない
ということだと思うのです。
(すくなくとも僕はそう受け取りました)
これがすごく大切なことだと思うのです。
そうです。
べつに、日本人がフランス語が出来る必要なんてないんです。
それに、そもそも日本人はフランス語なんて出来るようにはなりません
だって日本人なんですから。
生まれたときからフランスで、
ずっとフランス文化のなかで育って来たような人たちと同等に、
「フランス語が出来る」なんて、なれるわけがありません。
僕はそのことを、他でもないフランス人から教わってしまったわけです。
フランス人だから、という理由ではなく、
こういった考え方に対して、
僕はこのPedroという人物を深く尊敬しています。
 [フランス人おそるべしっ(前編):Merci mes amis...
 [フランス人おそるべしっ(後編):Merci mes amis...

◆ フランスは漫画家のユートピアか?
この点に関して、ちょっと補足しておきたいことがあります。
とくに日本の「漫画」の作者の方々の中に、
次のようなことを言う方がいらっしゃるようなのです。

 [とある日本人漫画家の台詞]
 フランスの漫画家は芸術家なんだって。
 漫画を描くときには、数ヶ月から何年もかけて一作仕上げるそうだ。
 優雅にバカンスとかにも行くらしいよ。
 この前、日本の漫画の制作ペースを
 フランスの漫画家に言ってみたら、
 目を丸くして驚いていた。
 「そんなに働いて、いつ休むんだ?」
 だってさ。
 フランスの漫画家がうらやましい。
 日本の漫画家は虐(しいた)げられすぎだ!


完全な誤解です。
まず、フランスの漫画
(「バンド・デシネ」略して「ベデ」と呼ばれます)と
日本の「漫画」では根本的に内容が異なります
フランスの漫画は基本的にオールカラーで、
絵柄も手の込んだものが多く、
ストーリーだって難解で高尚なものが多いのです。
しかも基本的にアシスタントなどは雇わず、
それらすべてを一人の作家が(背景なども含めて全て一人で)制作します。
しかも、フランスの漫画家は、日本の漫画家のように、
“漫画”だけを描いているのではありません

イラストレーターや映画のデザイナーなど、
いろいろな仕事を平行してこなす場合が非常に多いのです。
たとえばフランスで手塚治虫的な位置付けにある偉大な漫画家、
ジャン・ジロー・メビウスの仕事ぶりを見てみましょう。
メビウスは70年代の半ばに、
自分の描きたい漫画を発表する場がないという理由から、
自分であらたに漫画雑誌を創刊しました。
そしてその漫画雑誌を発行するために出版社も設立しました。
さらにバンド・デシネの海外進出にともなって、
先の漫画雑誌のアメリカ版の創刊出版社のアメリカ支社を創設し、
みずから渡米してアメリカを拠点として世界的に仕事を開始しました。
(日本の「漫画」がメビウスの影響を受けたのもこの時期です)
 *この点も誤解している人が多いのですが、
 世界的規模のマーケットを確立したのは
 日本の「漫画」が初めてではありません。
 一番最初はアメリカの「アメコミ」(Comics)です。
 その次は70年代後半から80年代にかけておもにアメリカに進出した
 フランスのバンド・デシネです。
 日本の「漫画」が世界的に売れ出したのはここ数年に過ぎません。
 さらに最近は韓国の漫画「マンハ」(Manhwa)が
 注目を集めつつあるようです。
これらの仕事と平行して、
漫画を描き、イラストレーターや映画のデザイナーとしての仕事も
こなしているのです。
また、たしかにフランスでは漫画は芸術として認められていますが、
それはあくまで「9番目の芸術」でしかありません。
「9番目」の前には、文学や絵画、映画、ラジオ、テレビ等、
漫画よりも高級な芸術(と考えられているもの)が存在するのです。
フランスの漫画は芸術ではあるけれども、
それはあくまでもっとも下級の芸術でしかない
のです。
問題はさらにあります。
フランスの漫画は、日本のように漫画雑誌には連載されず、
基本的に単行本(「アルバム」と呼ばれます)の書き下ろしで
発表されます。
そのため、新人が登場する機会が日本にくらべて格段に低いと聞きます。
フランスの漫画の新人は、自分たちの作品を発表するために、
出版社の設立から開始するのです。
(実際にそのようにして登場した新人がたくさんいます)
漫画雑誌での新人のデビューのチャンスがどれだけでもあって、
基本的に漫画だけを描いていればよくって、
作品の背景の描出に新人のアシスタントを登用して、
その絵柄が浮いていてもたいして気にされなくって、
大多数の日本人が
「日本の『漫画』は世界的に売れているんだって。
 世界一すばらしいんだって。
 これからは、『漫画』や『アニメ』やゲームなんかを、
 世界的に売り出して行かなきゃならないね」
なんてことを素朴に信じちゃっている。
日本の漫画家の方がよっぽど恵まれているじゃないですか。
至極あたりまえのことですが、
日仏双方にそれぞれの長短があるのです。
フランスの長と日本の短だけを見て、
フランスを漫画家のユートピアとして夢見るなんて、
単なる“逃げ”に過ぎません。
そしてこのことは、僕たち「漫画」の読者にとっても
とても大切なことだ
と思うのです


◆ 僕たちがベデを読むということ
当サイトがバンド・デシネのファンサイトで、
僕がバンド・デシネのファンだからといって、
僕は、日本の「漫画」よりもバンド・デシネの方が優れている、
などとはこれっぽっちも思いません。
(僕も日本の「漫画」は好きです)
日本の「漫画」とフランスのバンド・デシネは、
そもそも拠って立つ価値観が根本的に異なる
のです。
この差を無視して安易に優劣を比較するのは、
ナンセンスと言うほかありません。
僕は、むしろその“差”を、
日本の「漫画」をより面白くすることに利用したい
のです。

日本ではよく、
「日本の『漫画』は世界一すばらしい!」
と言われます。
僕も、日本の「漫画」は「世界一」と称されて良いほどに
素晴らしいと思います。
しかしながら、ここで立ち止まって、
この“日本の「漫画」”とは一体何なのか
ちょっと考えて見てほしいのです。

たとえば、日本どころか世界を制覇したと言っても過言ではない
日本の「漫画」の代表格、
鳥山明の『ドラゴンボール』を見てみましょう。
この作品は日本だけではなく世界的に売れています。
(フランスでも翻訳書が出版されています)
でもこの作品は、素人目に見ても明らかに
アメコミの影響を受けているじゃないですか。
そして分かる人が観れば分かるのですが、
フランスのメビウスの影響だってちゃんと受けているのです。
さらに、80年代に日本の「漫画」に革命を起こしたとされる
大友克洋の『AKIRA』、
いまや世界的な巨匠となりつつある宮崎駿の『風の谷のナウシカ』、
そして何とあの手塚治虫ですら、
メビウスの影響を受けているのです。
誤解していただきたくないのでもう一度言わせてください。
だからと言って僕は、
メビウスのほうが鳥山明、大友克洋、宮崎駿、手塚治虫よりも優れている、
なんてことを言いたいわけではありません。
日本の「漫画」の偉大なる先達たちが
漫画の新しい可能性を切り拓くとき、
そこには必ず、
従来の「日本」の「漫画」という
狭っくるしい枠組に囚われない、
もっと広い視野が存在したはずだ
、ということを確認したいのです。

例えば手塚治虫を、
「マンガの神様」だ、ヒューマニストだなどと言って
崇(あが)めたてまつるような人たち。
「日本の『漫画』は世界一すばらしい! 他国の漫画は数段おとる」
なんてことを素朴に信じてしまっているような人たち。
こういった人たちは、
「日本」の「漫画」という固定観念を強化してしまって、
逆に、日本の漫画の可能性を狭めてしまっている

と僕は思うのです。
手塚治虫を「神様」とあがめるなら、
その神様の持っていた広い視野をこそ受け継ぐべきです。


◆ 「漫画」の読者として出来ること
残念ながら僕は、
メビウスやバンド・デシネのことを知ったのがつい最近のことで、
日本の「漫画」についても人並み以下の知識しか持ち合わせていません。
今はまだまだ資料を集めていると言った段階で、
バンド・デシネと「漫画」のあいだにある“差”を利用して
何が出来るのか、
アイデアはあっても具体的にまとめるまでには至っていません。
しかも僕は漫画の実作者でも編集者でもないので、
漫画の実作を以って何かが出来るというわけでもありません。
ただ、読者としてなら、
いかほどかのことは出来るのではないか
と思っています。
といってもあくまで趣味でしかないのですが、
日本人としてフランス語を利用すること
バンド・デシネをあくまで日本人の目で読むこと
そして、「日本」の「漫画」という固定観念を破ろうと心がけること
それがとても大切なことだと思うのです。
というか、そんな堅苦しいことなんて言わなくても、
そういうのが実は一番エキサイティングで楽しいじゃないっすか、
と思うわけです。
つまり何が言いたいのかと言うと、

 僕はフランス語は出来ません。
 あなたもフランス語なんて出来なくたっていいから、
 バンド・デシネをもっと気軽に楽しんでください。


ということなわけです、はい。


Merci Pedro, Tes mots ont me donne du courage :-)
ありがとう、ペドロ。すごく良いことを教えてもらった。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-07-24 21:49 | - 番外篇 -
アメリカのストリップ(短篇漫画)をタダで読もう!
毎回フランスの漫画のことばっかり言ってるから、
たまには気分を変えてアメコミも読もうじゃないか、
っていうのが今回の趣旨です。


◆ ヤフー・ニュース米でストリップ(短篇漫画)を読もう
日本のヤフーにはないサービスですが、
じつはアメリカのヤフーの「ヤフー・ニュース」というサービスでは、
毎日短篇の漫画が連載されています。
日本でも新聞や雑誌に短篇漫画が連載されていますが、
アメリカではこういう漫画のことを、
とくに「ストリップ」(Strip, comic strip)と呼んでいるようです。
日本で近いものを探すなら
「四コマ漫画」ということになるでしょうか。
● ヤフー・ニュース米内「News Home>Comics」
ページ上のほうの「COMIC HIGHLIGHT」(おすすめ作品)欄に、
ストリップの画像が表示されています。
ここに選ばれる作品は毎回ランダムに変わるようです。
その下の左側の「COMICS」(作品一覧)のなかに
リストアップされているテキストが、
作品の名前の一覧です。
これだけたくさんの作品が毎日更新されているわけです。


◆ 『ガーフィールド』を読もう
今日はこの中から、
『Garfield』(ガーフィールド)という作品を見てみたいと思います。
該当するテキストをクリックしてください。
(作品名はアルファベット順にならんでいます。
 「Garfield」は「COMICS」の欄の左列の下の方にあります。
 「EDITORIAL CARTOONS」は「風刺漫画」のことです)
「Garfield」(ガーフィールド)というのは、
主人公の猫の名前です。
ちょっと生意気なヤツで、
さながら日本の『クレヨンしんちゃん』のような作品です。
この中ではおそらくもっとも有名な作品でしょう。
つい最近映画にもなりました。
作品の画像の右下、
「View Comic by Date」(過去の作品を見る)
とあるところのプルダウンメニューのなかから
バックナンバーを選択することが出来ます。


◆ 『ガーフィールド』の試訳
さすがに毎日訳文を用意することは出来ませんが、
こころみに四日分だけ訳を付けてみました。
訳文には、コマ数を[ ]でくくってインデックスを付けてあります。
日本の「漫画」とはちがって、
左上から右下の方へ向って読むようになっているので
注意してください。
ちょうど「Z」の字の形でコマを追って行く要領です。
画像をクリックすると、別窓で拡大されます。

 ◆ 「Mon May 9」(5月9日、月曜日)の『ガーフィールド』
ガーフィールド0509
[1]
WOMEN...
みんな、ガールフレンドと……。

[3]
ぼくのガールフレンドは……

MOST LIKELY IN HIDING
隠れてんじゃねーの?


《注記》
以下、画像ファイルがちょっと重いので、
記事を二つに分けてあります。
つづきを読むばあいは、
↓の「もっとガーフィールド!」をクリックしてください。

もっとガーフィールド!
[PR]
by moebius-labyrinth | 2005-05-09 20:29 | - 番外篇 -
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた