フランスの漫画家
メビウスについて
日々調査してゆくブログ

by moebius-labyrinth
メビウスの似顔絵-クリックで紹介記事へ
宮崎駿や大友克洋にも影響 を与えた、世界的に有名な フランスの漫画家です。
まずはこちらへどうぞ。
基本用語解説
おすすめ記事
タダで読もう
メビウス作品リンク集
メビウスの作品をオンラインで読むためのリンク集。
↓オススメ
Mystere Montrouge
The Long Tomorrow
和訳
毎日すこしずつ和訳を作っています。
『Inside Moebius』
《全画像付き》メビウスの 入門に最適な一篇。洒落た 雰囲気とちょっとシュール なストーリー。メビウスは いかにしてベデを描くに至 ったのか?
『STARDOM STORY』
《全画像付き》スケッチ風 の短篇ベデです。
メビウス「漫画は好き?」
ユニコーン「もちろん!」
『The Long Tomorrow』
《全画像付き》私立探偵のピートは、ドールという美女から仕事を依頼される。しかし彼女が暗殺され、ピートにも追っ手が。はたして事件の真相とは……?
『L'Incal 1』
《全画像付き》メビウスの代表作。謎の物体アンカルをめぐって、私立探偵のジョン・ディフールが冒険を繰り広げます。
メビウスが動く
メビウス作のアニメを、
タダで見よう。

『アルザックラプソディ』
『時の支配者』
『MOEBIUS STRIP』1
『MOEBIUS STRIP』2
「ランカル」が動く
「starwatcher」他メモ
メビウスの壁紙
あなたのパソコンにも
メビウスを!
くわしくはこちらまで。
作品解説
こちらから、各作品の解説に飛んでください。

『アルザック』
「ランカル」
「ブルーベリー」
『アルザックラプソディ』
メビウスが話す
インタビュー動画です。


メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
宮崎駿を語る
「ランカル」が動く
チャット:france 5
『ダスト』を語る
Roland Collection
creativ tv
紹介動画:france 5
PUBLIC SENAT
アメコミを語る
特集:宮崎駿
メビウス&宮崎駿 対談動画
 ├全和訳1
 ├全和訳2
 └『ハウル』DVD
「宮崎-メビウス」展全訳
 ├会場での二人の動画
 ├出品作品の画像
 ├カタログ購入ガイド
 └関連記事インデックス
メビウスとの対談
娘の名はナウシカ
ナウシカちゃんの写真
メビウス作ナウシカ
『リトル・ニモの野望』
初めて宮崎作品を観た時
特集:大友克洋
対談「OTOMOEBIUS」訳
『メトロポリス』を語る
「大友克洋」展とメビウス
インタビュー動画
 └全和訳
特集:手塚治虫
82年の邂逅
特集:谷口ジロー
『イカル』原画展
谷口ジロー特集@Epok
番外篇
仏語なんて不要です
エンキビラルと荒木飛呂彦
荒木割りの原理
ゲームでメビウス
メビウスが関わった映画
『トロン』のフリーゲーム
を紹介します。
最近の企画
こちらを参照して下さい。
いまは『Arzach』の訳を作っています。
カテゴリ説明
こちらから各記事へ飛んでください。
メール
こちらまでお願いします。
アドレスの中の「AntiSpam」を取り除いてから送信してください。
・購入の相談について
検索
以前の記事
最新のトラックバック
老若にゃんこ
from 梅labo memo
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
ヨーロッパ向け送金時の留意点
from 国家破綻研究ブログ
Le Petit Mon..
from tNKG
海外で流通する日本のマンガ
from BLOGtext TRANS..
ライフログ
<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「BRUTUS」のメビウスのコメントは立ち読みでOK
雑誌「BRUTUS」2007年1月1日・1月15日合併号(第28巻第1号、No608)に、
メビウスのコメントが掲載されています。


◆ メビウスはどうでもいい、大友克洋が漫画を描いた!

 ◆ 「BRUTUS」の綴じ込み付録
● 雑誌「BRUTUS」公式サイト
● 同上内「最新号情報」
● 同上内「ピックアップ」
● 同上内「バックナンバー一覧」
● 同上内「バックナンバー常設店リスト」
雑誌本体ではなく、
「別冊特別付録 WHO IS KATSUHIRO OTOMO? 大友克洋 新解説」
という綴じ込み付録に、メビウスのコメントが掲載されています。
28ペイジにメビウスのコメントが掲載されているほか、
33ペイジの大友克洋のインタビューのなかでも
メビウスについて言及されています。
ただし、
いずれも量が少なく、特に目新しいことも述べられていないので、
(メビウスのコメントだけが目的なら)
立ち読みで充分だと思います。

 ◆ メビウスがはじめて大友作品を読んだ時期
個人的に気になったところをメモしておきます。
[初めて大友作品を体験したのは]1984~85年頃。

 初めて手にした大友氏の作品は、当時住んでいたロサンジェルスの書店で見つけた『さよならにっぽん』でした。

メビウスは1984年から1988年にかけて
アメリカに移住して活動していました。
はじめて大友作品を読んだのは1984~1985年頃とありますが、
ほぼ同じ時期に宮崎駿の作品(『風の谷のナウシカ』の海賊版ビデオ)も
はじめて観たことが分かっています。
● [メビウス、宮崎駿に出会った時のこと:「CineLive」:《付記》
ちょうど日本でも、
メビウスをはじめベデが積極的に受容されていた時期です。

 ◆ メビウスと大友克洋が実際に会った時期
大友氏とは3回ほどお会いして、お互いに親交を深めました。

メビウスと大友克洋がはじめて出会ったのは、
おそらく1991年ではないかと思います。
● [メビウス&大友克洋対談記事:「OTOMOEBIUS」1>注8

その後、
メビウスの作品が映画化される企画に大友克洋が参加したことがあるので、
おそらくこの時に1回会っているのではないかと思います。
この映画は『The Airtight Garage』という題名で、
1995年のクリスマスの公開を目指していたものの
けっきょく頓挫してしまったので、
90年代前半に会っているということになるでしょう。
● [メビウス&大友克洋対談記事:「OTOMOEBIUS」1>注7

3回目に会ったのは2004年9月7日です。
● [大友克洋「スチームボーイ」展とメビウス

僕の調べたかぎりでは
上記の3回以外に実際に会ったという情報はないので、
これでメビウスのコメントどおり「3回ほどお会いし」たということに
なるのでしょう。


なお、コメントの最後の人物紹介欄に
『デューン 砂の惑星』の製作に参加したとありますが、
メビウスが参加した映画は
『デューン 砂の惑星』(デイヴィッド・リンチ監督)ではなく、
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『DUNE』(映画化は頓挫)です。
● ウィキペディア日内「デューン」
● [バイオグラフィー訳案14


雑誌本体なんか要らないから、綴じ込み付録だけ売ってくれ!


「BRUTUS」の情報は、
当サイトの訪問者、真さんから教えていただきました
ありがとうございました&返信がおくれてすいませんでした

[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-01-13 14:52 | メビウスの子孫たち
私信:「ANIMELAND」12号の大友克洋インタビュー抄訳

 ◆ 他の人のための注
本記事は、当サイトの訪問者の真さんに宛てた私信ですが、
興味深い内容なので公開することにします。
フランスの雑誌に掲載された大友克洋のインタビューの抄訳です。
残念ながら完訳をつくる時間は取れません。
メモ程度の抄訳です。
とくに重要だと思われる箇所(および、訳に自信のない箇所)は
原文を提示しておきます。
ちゃんとした訳をつくってくれる人が出て来てくれることを願います。
インタビューの元記事の画像を僕が再配布することは出来ません。
どうしても元記事を参照したい方は、
自分で入手して自分で訳すことを考えてください。
フランスのアニメ専門誌「Animeland」の12号(93年10-11月号)に
掲載されているインタビューです。
この件に関して僕が質問に答えることは出来ません。
また、この件で真さんを困らせるようなこと(画像の配布を迫る、など)は、
絶対に止めてください。
なお、ここで述べられている「最新作」等は、
あくまで93年当時のものであることに注意してください



Katsuhiro Ôtomo parle !
大友克洋インタビュー

・表題の下に書かれている文章は大友克洋の紹介文。
「son recent voyage à Barcelone」
(大友克洋が最近バルセロナに来た際)にインタビューが行われた、とある。

質問:
『AKIRA』誕生秘話を教えて。

大友:
大人向けの雑誌を創刊する企画に合わせて誕生した。
まったく新しい「漫画」が求められていたので、
『AKIRA』のアイデアはまさに理想的だった。
第一話(sa pagination prévue)は200ペイジだったが、
幸いヒットして、読者の期待も高くなっていたので、
最終話(sa conclusion)の掲載は遅れてしまった。
結局全六巻になって、2000ペイジを超えるボリュームになった。
どこにでも居るような男の子を主人公にして、
彼が未知の世界に分け入ったり、
超能力の実験をしている政府組織と渡り合ったりする話を描こう、
というのが大本のアイデアだった。

質問:
アシスタントとはどのように仕事をしているのか?

大友:
En réalité, il n'existe pas de vraie subdivision,
étant donné que j'exécute tout le travail principal.
じつはアシスタントは使っていない。
ほとんど一人で製作している。
Tout simplement, il y a deux assistants pour les retouches finales.
最後の仕上げのためのアシスタントが二人いるだけ。
一人はスクリーントーンの貼り付けを担当していて、
もう一人(Steve Oliffという名のアメリカ人)は彩色を担当している。
スティーブはさらにアシスタントを雇っているが、
彼らが仕事に加わっているかどうかは僕は知らない。

質問:
『AKIRA』は日本の「漫画」の典型的なストーリーから逸脱している。
最初読んだときは日本の「漫画」だとは信じられなかった。
物語の構成の仕方についてはどう考えているか。

大友:
なにか変なものを創ろうと思って『AKIRA』を描いたわけではない。
自然とそうなっただけだ。

質問:
あたらしいアニメを制作する予定はないのか?

大友:
題名は決まっていないが、いま新しいアニメを制作している。
三つのエピソードから成る映画だ。
漫画版はスペインでもすでに出版されていて、『Memories』という題名だ。
僕の短編をアニメ化する。
日本では講談社から『彼女の想いで…』という題で出版されている。
他の二編は映画のために新たに創られたものだ。

質問:
Il me semble avoir lu dans une interview datant de l'année dernière
que le scénariste chilien Alexandre Jodorowsky a affirmé
vous avoir suggéré la fin d'Akira lors d'une fête.
たしか去年のインタビューで、
チリの原作者アレハンドロ・ホドロフスキーが、
休暇中に、『AKIRA』の最後についてあなたに示唆を与えた、と
はっきり言っていたと思う。
それは本当なのか?
あたらしい漫画を描く予定はないのか?

大友:
En vérité, la fin d'Akira était déjà décidée depuis le début.
『AKIRA』の最後は最初から決まっていた。本当だ。
『Mega Next Walls』という題名の漫画を描くつもりだ。
(インタビュアーの注:大友の発音がはっきりしなかったので、
 この題名については自信がない)
日本とフランスで同時発売される予定だ。
スペインでも出版しろってことなら言ってよ。
作者がここにいるわけだからさ(笑)。

質問:
「空間」や「視点」「奥行き」といった概念は、
あなたにとってどれくらい重要か?
建築家の資格を持っているんじゃないのか?
[訳者注:大友克洋の超絶的なデッサン力について質問したいのだろう]

大友:
たしかにものすごく重要な概念だ。
未来都市のような実在しないものをリアリスティックに描く場合にはとくに。
Mais en ce qui concerne l'architecture,
je l'ai seulement étudiée, sans obtenir de diplômes.
しかし、建築学については、勉強はしたけど資格はもってないよ。

質問:
『AKIRA』のアメリカ版ではなぜ最終話の刊行が遅れたのか?
スペインやフランス、イタリアといったヨーロッパでも遅れたが?
アメリカ版で修正した点があるのではないか?

大友:
説明しようとすると少しややこしいんだが、
Il y avait un accord avec la maison d'édition Marvel
(qui publie Akira aux USA)
pour publier un tableau mensuel de 60 pages.
『AKIRA』のアメリカ版を出版したマーヴェル社との間に協定があって、
月に60ペイジずつ絵を出版しなければならなかった。
共同出版につきものの問題がいろいろと起こって、
遅れてしまった。
いろいろと修正しなければならない箇所もあった。
おかげで改良できた箇所もいくつかあったけどね。

質問:
大友克洋クラスになると、原稿料はいくらか?
新人のころはいくらだったか?

大友:
Top secret.
トップシークレットだ。

質問:
「漫画」とアニメ、比べるとしたらどちらが好きか?

大友:
うーん、いろいろある表現手段のうちの二つだから、
どちらも好きだね。

質問:
たとえば
『AKIRA』のなかに出て来る武器や監視衛星などで暗示されている
軍国主義というテーマは、日本社会の現実の姿を映しているのか?
それとも単に見栄えが良いからそういったものを登場させているのか?

大友:
そういったテーマを暗示しているわけではない。
それよりも、長年の親友だった二人の人間が離ればなれになる、
という問題が基調になっている。
でも、その問題も最終話で解決する。

質問:
仕事をするときの
「大先生」(«star»)とアシスタントの間の上下関係はどういったものか?
「師匠」(«maître»)と弟子のような関係なのか?

大友:
とくに決まりごとはない。
日本では、出版社と契約して「漫画」を出版すれば
自動的に「先生」(«maître»)と呼ばれるようになる。
僕はそういう風に呼ばれてもあんまり嬉しくないけどね。
講談社では、
漫画の作者のことを普通は「先生」(«sensei»)と呼ぶことになっている。
「«maître»」(メートル、英語のmaster、マスター)に当たる語だ。
でも、仲良くなると「先生」じゃなく「さん」づけで呼ぶようになる。
「«monsieur»」(ムッシュー)に当たる語だ。

質問:
A-t-il jamais été envisagé d'abandonner le travail sur Akira,
alors qu'au contraire vous avez du le continuer
pour des raisons commerciales ?
『AKIRA』の制作を断念しようと思ったことは無いのか?
商業上の理由で制作を続けざるを得なかったとか?

大友:
Oui, je l'ai ressenti ainsi la veille d'écrire la dernière partie.
あるよ。昨日も最後の仕事を仕上げるのを止めようかと思った。
でも、結局止めなかったからこそ、
今こうやって君たちの前に居られるってわけだ。

質問:
Pensez-vous que
le grand succès d'Akira et des manga en Occident soit
dû au fait que les manga ait été dernièrement occidentalisés,
ou bien parce qu'il y a une nouvelle ouverture de l'Occident
envers une forme de lecture différente de celles traditionnlelles ?
『AKIRA』や東洋の漫画の成功は、
漫画が西洋から東洋に伝わってまだ日が浅いことに起因すると思うか?
もしくは、東洋において、伝統的な形式とは違う
あたらしい読書のスタイルが受け容れられたからなのか?
 *原文「une forme de lecture」は直訳するなら
 「読書の一形式、解釈の一形式」という意味。

大友:
J'ai toujours souhaité travailler en Europe,
et j'ai depuis toujours suivi la production trançaise.
Mais je dois dire que, du moins dans mons cas,
mes manga sont typiquement japonais,
bien que j'introduise quelques éléments européens.
ヨーロッパで仕事したいといつも思っている。
ずっと前からフランスの作品に倣(なら)ってきた。
だが、すくなくとも僕のばあいは、
僕の「漫画」は典型的な日本のスタイルだと思っている。
ヨーロッパ的な要素を取り入れることはあるけどね。

質問:
Akira et Legend of Mother Sarah,
vos deux oeuvres les plus connues,
ont été conçues en pensant uniquement à réaliser des BD d'aventures,
『AKIRA』と『Legend of Mother Sarah』という
あなたの最も有名な二つの作品は、
ベデで冒険ものをやったらどうなるか試してみたものだと思う。
他のテーマを手がけてみたいとは思わないか?

大友:
J'y ai pensé en cherchant à les rendre très complexes,
avec beaucoup de références à la société actuelle,
et en particulier à celle japonaise.
たしかにそういうことを考えていた。
そういう作品を、現実の社会、
とりわけ日本の社会から多くの題材を採りながら、
もっと複雑にしてみようと考えていた。
そしてそれを実現するために、大量の登場人物を盛り込んで、
そういった状況を出来るだけ細密に描こうと思っていた。
もちろん一つのテーマだけに拘(こだわ)るつもりはない。
勇者がドラゴンからお姫さまを助けてめでたしめでたし
――なんて物語を描いてるだけじゃ満足できないよ。

質問:
漫画や映画をつくっていて、大きな困難に出会うことはないか。

大友:
漫画と映画では話がまったく違う。
もっとも違う点は、漫画はひとりで描かなきゃならない、ということだ。
漫画を描くときは、困難に出会っても一人で解決しなければならない。
その反面、映画をつくるときは多くの人と共同で仕事をする。
成果も責任もみんなで分かち合う。
それぞれに長所もあれば短所もある。

質問:
なにを描いても『AKIRA』と比べられてしまう、と恐れたことはないか。

大友:
『AKIRA』を描くまえは『童夢』という作品を描いていた。
Quant j'ai fait lire Akira à un Français,
il m'a dit que cela ne lui avait pas plu autant que Domu..
あるフランス人に『AKIRA』を読んでもらったことがあるんだが、
そのフランス人は『童夢』の方が面白かったと言ってた。
新作を描けば、いろいろな評価や反応が返ってくるのは当たり前のことだ。
新作と旧作をくらべてどう言われようが、僕には関係ない。
未来のことしか頭にはない。
 *えーと、念のために確認しておきたいんですが、
 この「あるフランス人」(un Français)って
 メビウスのことではないですよね。
 メビウスは『AKIRA』大好きですから。

質問:
『Mother Sarah』をアニメ化したりはしないのか?

大友:
すぐには無いね。でも考えておくよ。

質問:
Les lecteurs français retrouvent dans Akira
des aspects de leur propre société.
フランス人はフランス人に特有の読み方で『AKIRA』を読んでいるように思う。
ホドロフスキーと組む企画でも、おなじような事は起こるのではないか?

大友:
「漫画」を描くときに読者のタイプを考えることはない。
それよりも作品のテーマに集中するようにする。

質問:
「漫画」の未来についてお聞きしたい。
将来的にはパソコンによる制作が主流になると思うか?

大友:
『AKIRA』では彩色にパソコンを使っている。
外国の出版社に送るために、原稿もデジタル化してある。
個人的には、パソコンは決して主流にはならないと思う。
数ある手法のうちの一つになるだろう。
パソコンはあくまで機械だから、パソコンそのものを問題にしても意味はない。
それを使う人間こそが問題だ。そうだろ?


《追記》
非常に興味深い内容で、個人的にも完訳を作れないのが残念です。
無念。
[PR]
by moebius-labyrinth | 2007-01-13 14:50 | メビウスの子孫たち
Merci pour votre visite :o) Un manuel pour envoyer votre commentaire :
http://moebius.exblog.jp/2993114/

カテゴリ
リンク(メビウス関連)
書店

紀伊国屋

 ├洋書詳細検索ページ
 └洋古書詳細検索ページ
丸善
パピエ
 ├メビウスのページ
 └「商品のご購入手順」
アマゾン日
アマゾン仏
 └書籍詳細検索ページ
アマゾン英
アマゾン米
BD NET
fnac.com
 └書籍詳細検索ページ
オークション
eBay仏
eBay米
出版社

Stardom(Moebius-plus)*
 └復活版
HUMANO ASSOCIES
 ├メビウスのページ
 └メビウスの伝記
DARGAUD
 └メビウスのページ
Casterman
 └メビウスのページ
公式サイト

INSIDE MOEBIUS
 └和訳付解説
Moebius-plus(新)*
 └復活版
Moebius-plus(旧)
「ブルーベリー」(ベデ)
『ブルーベリー』(映画)
「Le Monde d'Edena」
『アルザックラプソディ』
「宮崎駿-メビウス」展
 ├全訳
 ├出品作品の画像
 └関連記事インデックス
『MOEBIUS STRIP』
ファンサイト
メビレンジャー*
 ├作品レビュー*
 ├著作目録*
 └掲示板*
テクノドローム
 └作品レビュー
ベデ知事
MAJOR GRUBERT
 └サイト内検索
BIBLIOGRAPHIE ILLUSTRE
 └簡易解説
MOEBIUS Fatal
Obsesion MOEBIUS
Pierre Tritten
 └サイト内検索
CANYON DE BLUEBERRY
ベデ全般
データベース

BD NET
BD GEST'(B'd'd)
BD GEST'
BULLEDAIR.com
 ├メビウス作品一覧
 └検索ページ
ENCYCLO'BD
GUEULE DU LOUP
 └サイト内検索
BD Oubliees
 └検索ページ
Originaux BD
 └メビウスのページ
ベデ作家一覧
漫画家一覧
ベデ雑誌名一覧
ニュース
メビウスML(仏)
 └概要解説
Actua BD
 └ニュース
ANGREAL.COM
CoinBD.COM
 └ニュース
sceneario.com
 ├ニュース
 └検索ページ
COMIC.DE
 └サイト内検索
a.bd.com
BD Paradisio
 └検索ページ
メタサイト
ANNUAIRE BD
 └検索ページ
neuvieme-art.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク(その他)
おぼえがき
*は現在閉鎖中
デッドリンクも
あえて消去していない。
下訳1
公式サイト不通状態の調査
バイオグラフィー訳まとめ

惚れた